レッスンが新しくなりました!

【手書き楽譜革命!】iPad ProとGoodNotes5のコラボが最強だった話!

[ この記事は3分で読めます ] 

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

 

最近、iPad proとApple Pencilを購入しまして・・・

まえば

念願だったんです・・・!!

まだ手探りなのですが、その中でも「手書きの楽譜づくり」が革命的だったのでご紹介します。

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

iPad導入ビフォー・アフター

もともと楽譜の作成はすべて手書きでした。

まえば

MuseScoreも使っているんですが、手軽さという意味では手書きには敵わなかったんですよね。

僕が実際にどんな風に楽譜をつくっていたかというと・・・

BEFORE

  • 用紙をプリントアウト。
  • シャーペンで手書き。
  • 同じ進行でもすべて手書き。
  • 間違えたら消しゴムで消して書き直し。
  • 完成したものをスキャンして保存&共有。

まえば

とにかく書き直すのが大変でした。

AFTER

  • 用紙のテンプレートをGoodNotes5にセット。
  • テンプレートを呼び出して書き込む。
  • 同じ進行はコピペ。
  • 間違えたら、消しゴム・なげなわ・UNDO/REDOで修正。
  • そのまま保存&共有(スキャンなし)。

という風に変わりました。

まえば

書き直しのストレスが激減しました!

GoodNotes 5

開発元:Time Base Technology Limited

¥960

 

手書きの楽譜をiPadにしてよかったこと5選

次に、実際によかったことを動画添えてご紹介しますね。

 

1、自分好みのテンプレートが使える

なんとGoodNotes5は最初から五線譜のテンプレートが入っています。

ただ、縦の線を毎回弾くのは億劫。。。

そんなときには!

自分が普段使っているテンプレート(PDFもJPEGもOK)を入れておくと、いつでも呼び出せてすぐ書きはじめることができます。

ちなみに、ぼくがいつも使っているテンプレートはこちら

 

2、同じ進行はコピペできる

これがうれしくてたまらなかった・・・!!

ポップスは同じコード進行の繰り返しが多いんです。

でも、同じことを何度も書かないといけない・・・・

そんな時でも該当の進行の部分をコピーできてしまうんです!

これだけで作業時間は半分ですよね。(動画で使っているのはなげなわツールです)

 

3、書き直しのストレスがない

書いている途中で、小節やコードがズレてしまっていることに気づいたとしても簡単に修正できます。

「UNDO/REDO」でやり直しはもちろん、「消しゴムツール」で簡単に消すことができます。

さきほど紹介した「なげなわツール」で消したり、移動することもできますね!

まえば

ぼくの中では「なげなわツール」が最強です。

 

4、スキャン不要!そのまま共有!

完成した譜面は、そのまま楽譜データとして保存をしておくことができます。

共有したい場合は、共有ボタンからそのまま共有先に遅れてらくちんです!

まえば

もちろんAirDropも使えます!

 

5、ペンの色や太さが自在!

元々が手書き派だったので、ペンの色や太さにはこだわりがありました。

シャーペンや鉛筆であれば「0.7〜0.9」、フリクションボールペンなら「0.5」という風に。

 

GoodNotes5はアプリ内でペンの太さも色も選び放題。

持ち替えもなく、ワンタッチで変えられるのも特徴ですね!

 

他にもこんなよかったこと!
  • 紙を使わないのでゴミがでない
  • ペンを使わないので消耗しない

など、総じて「手軽」のひとことに尽きます!

 

こんな時に便利!

ぼくはこんな時に重宝しています。

  • マスターリズム譜をつくるとき
  • 作曲やアレンジのメモとして
  • 思いついたフレーズ・コードのメモとして

特にマスターリズム譜やコード譜をつくるときに便利ですね!

【3分でわかる】マスターリズム譜の作り方

 

「ページを中途半端に使うこと」にストレスを感じるタイプだったので、気軽にメモが取れるのは本当にありがたいです。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

もともと「紙とペン」派だった自分ですが、正直すべてを覆された感覚です。

手書きのよさと同時に抱えていたストレスが、全てといっていいほど解消されてしまいました。

 

レッスンや、作曲活動・演奏活動にそのまま活かせるのでとてもよい買い物だったと思っています。

GoodNotes5のすばらしさや使い方に関する記事はたくさんありますので、ぜひ探してみてください。

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • iPad proとapple pencilがあれば手書きの譜面づくりがはかどる。
  • 特に同じ進行のコピペや、書き直しのストレスが大幅に解消。
  • スキャン不要でそのままデータ保存ができる。
  • 自分好みのテンプレートが使える。
  • マスターリズム譜や、フレーズメモにも最適。
  • 地球にやさしい。

コメントを残す