【6月限定】初心者向けコードセミナー開催!

【ピアノ・キーボード】楽器が上達しない人の特徴3選

 

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

 

楽器の上達を実感できないときってありますよね?

うさぼんぬ

あるある。

 

なんで上手くならないんだろう?

いつになったらできるようになるんだろう?

そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

最初にお断りしておきますと、これは昔のぼく自身でもあります。

ぼくの経験から学んだことが、上達のヒントになれば嬉しいです。

今回は「上達しない人の特徴」として3つピックアップしてみました。

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

目移りが激しい

色々やりたくて、あれもこれもと手を出しすぎてしまう特徴があるように思います。

これは「上達しない」というより「習得を遅らせてしまっている」のかもしれません。

 

いろんな曲や練習にとりくむことはとても良いことです。

ただ、目移りするあまり身になる前にやめてしまうことも増えます。

これだと、それまで取り組んできたことが無駄になってしまいかねないですよね。

まえば

すべてが無駄になるとは思いませんが、「習得」はできずに終わります。

 

上達や習得の基本は「完コピ」だと思います。

まずは、お手本を完ペキに弾けるまでコピーする。

真似することをなくして、上達や習得はありえないと思うんです。

 

せっかく取り組んでいるのだから、身になっている実感が得られるまでは取り組んでいきたいですね。

※ぼく自身への自戒でもあります。。

 

義務感で取り組んでいる

音楽や楽器ってそもそも義務でも強制でもありません。

やりたい人がやっているものだと思います。

「練習しなくちゃ」って言葉はどこか違和感を感じていて・・・

「うまくなりたいから、練習したい!」じゃないのかなぁと。

 

「練習」って上達するための手段で、道のりみたいなものだと思うんです。

目的地向かって歩いていけばいつか到着するように、練習を続けているからいつか習得できる。

できるようになるまで、試行錯誤しながら練習を続けるだけなんです。

 

できない時期はあるし、とても苦しいですよね。

いつまでたっても弾けるようにならない。

これは初級や上級など関係なく、ずっとつきまとう問題です。

それでも練習を続けていれば、少しずつできるようになっていくはずです。

  • できるようになるまで、丁寧に練習を続けていくこと。
  • 上達には時間がかかると割り切ってとりくむこと。
  • そのひとつひとつを愉しむこと。

精神論のように感じるかもしれませんが、こういうマインドセットは少なからず成長スピードに影響するようにも思います。

 

速く弾こうとする

最初から原曲のテンポだったり、やたらと速く弾こうとしたがります。

自分がそうだったので痛いほどわかるのですが、

早く上手くなりたい気持ちからか、速く弾こうとしてしまうんです。

うさぼんぬ

ついジタバタした演奏になっちゃうんだよな。

 

「速く弾こうとすること」と「上手に弾くこと」はイコールではありません。

上手に弾くこととは、楽曲を表現することだと思います。

楽曲を理解していかなければいけないんですよね。

まえば

これが本当にむずかしいのです。。

 

ただ、楽曲を理解するにも、それを表現するにも、

  • 正しい音
  • 正しいテンポ(タイム感)
  • 正しいリズム

で演奏できていることが前提です。

普段取り組んでいる練習にこの3つは入っていますか?

間違えていることをよしとして進めていませんか?

メトロノームを使って練習していますか?

うまくいっていないときこそ、こういった基本に立ち返ることがとても大切だと思います。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

自分で書いていて、耳が痛くなる内容ばかりでした。汗

でも、こういったことに気づいて冷静に自分をみることができると、きっと演奏が変わりますよ。

 

練習では、自分で自分を観察することが大切です。

ゆっくりのテンポで取り組んだり、録画して見てみたり。

取り組み方で少しずつ視野も広がります。

 

また、レッスンを受けるメリットは客観的に見てもらえることです。

独学で行き詰まっているときはぜひレッスンを受けてみてください!

レッスンバナー

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • あれもこれもとやろうとして、習得を遅らせてしまっているかも。
  • 上達や習得の基本は「完コピ」である。
  • 音楽はそもそも義務で取り組むものではない。
  • 上達や習得には時間がかかると割り切ろう。
  • できるようになるまで丁寧に練習を続けよう。
  • 練習のひとつひとつを愉しもう。
  • 速く弾くことと上手に弾くことはイコールではない。
  • 「正しい音」「正しいテンポ」「正しいリズム」で練習してますか?
  • うまくいかないときこそ基本に立ち返ろう。
  • 練習では自分で自分を観察すること。
  • レッスンを受ける最大のメリットは客観的に見てもらえること!

コメントを残す