レッスンが新しくなりました!

【ピアノ・キーボード】感動をつくるドミナントのバリエーション

[ この記事は3分で読めます ] 

「コード理論」初心者入門コーナー

「コード理論」初心者入門コーナーはこちら

ポップスで使える初心者向けのコード理論を解説していくシリーズです。

 

前回は「ダイアトニックセブンス」の解説をしました。

【ピアノ・キーボード】ダイアトニックセブンスについて

その中で強調した「ドミナントモーション」についてより掘り下げてお話していきます。

 

ドミナントモーションこそ、もっとも曲の感動をつくるコード進行のひとつ。

今回紹介するバリエーションはいろんなシーンで活用できるので、ぜひモノにしてください!

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

ドミナントモーションのおさらい

まずはドミナントモーションのおさらい。大切なことなのでなんども解説します。

ドミナントモーションとは

ドミナントセブンス(Ⅴ7)から、トニック(Ⅰ)へのコード進行のこと。

 

ダイアトニックコードの中で、最も強い進行力を持つ進行でしたね。

 

「Ⅴ7」が持つトライトーン(3度・7度)の響きが、「Ⅰ」の主音と3度に進行したくなるという特徴を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

この進行に「代わりのコード」を当てはめることで、ドミナントモーションの動きの雰囲気を変えることができるんです!

 

いろんなバリエーションを紹介していきますので、

お好みの進行があればぜひチェックして使ってみてください。

 

バリエーション①:sus系

「sus4」や「sus2」を使った動きを紹介します。

V7sus4

 

V7sus2

 

うさぼんぬ

違いがわからんぞ。
確かにわかりづらいかもしれないね。次に紹介するV7を経由するバージョンも聞いてみよう!

まえば

 

V7を経由させたバージョン

上記で紹介したコードにV7を経由させることもできます。

 

 

 

うさぼんぬ

ちょっと違いがわかる気がする。
V7を経由することで流れがわかりやすくなったね!

まえば

 

バリエーション②:サブドミナント系

以前紹介した、サブドミナントのお話を覚えていますか?

【ピアノ・キーボード】主要三和音と代理和音

 

ダイアトニックコードの中には「サブドミナント」という役割を持つコードがあるというお話でした。

  • Ⅱm(Ⅱm7)
  • Ⅳ(Ⅳ△7)

この二つのコードが「サブドミナント」になります。

 

というわけで、サブドミナントを使ったドミナントモーションを紹介していきます!

 

IV / V

 

IV△7 / V

 

IIm / V

 

IIm7 / V

 

まえば

進行に柔らかさがでましたね!

 

 

V7を経由させたバージョン

では、それぞれにV7を経由させてみましょう。

 

 

 

 

 

まえば

どれも美しい流れなので、ドミナントモーションが出てきたら積極的に使ってみてください!

 

バリエーション③:サブドミナント・マイナー系

最後に、ぜひ押さえておきたい「サブドミナントマイナー」をご紹介!

詳しい解説は省略しますが、サブドミナントをマイナーコードにすることで独特な進行をつくることができます。

 

IVm / V

 

IVm△7 / V

 

まえば

哀愁が漂っていますね!

 

V7を経由させたバージョン

サブドミナントマイナーからV7を経由してみましょう!

 

 

 

 

うさぼんぬ

おー!オシャレな雰囲気だな。
にくいよね!

まえば

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

こんな風にコード進行はバリエーションをつくることができます。

 

今回のものは一例です。

紹介したものをさらに組み合わせて、自分のお好みの進行を見つけておくとよいでしょう!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • ドミナントを別のコードに置き換えることで、ドミナントモーションの雰囲気を変えることができる。
  • ドミナントのバリエーションには「sus系」「サブドミナント系」「サブドミナントマイナー系」がある。

コメントを残す