レッスンが新しくなりました!

【ピアノ・キーボード】コードのバリエーションが増える!マイナー借用の使い方!

[ この記事は3分で読めます ] 

「コード理論」初心者入門コーナー

「コード理論」初心者入門コーナーはこちら

ポップスで使える初心者向けのコード理論を解説していくシリーズです。

 

中級編もいよいよ大詰め!

今回はコードのバリエーションを増やすのに欠かせない「借用和音」について解説していきます。

うさぼんぬ

借用??

耳馴染みのない言葉かもしれませんが、このテクニックは国内外問わずいろんなシーンで使われています。

ぜひモノにして、一味違うサウンドを手にいれましょう!

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

借用和音とは?

「借用和音」とは、他のキーのコードを一時的に借りてくるテクニックのことです。

まえば

「モーダルインターチェンジ」と呼んだりもします。

 

今回は、その中でも代表的な「マイナーキーの借用」を解説してきます。

マイナー借用について

マイナー借用とは、ナチュラルマイナーダイアトニックコードを、同主調のメジャーダイアトニックの中で使うテクニックです。

メジャーキーの曲の中にマイナーの雰囲気を取り入れることで、哀愁漂う物憂げなサウンドをつくることができるようになります。

まえば

「同主調」とは、主音が同じメジャーとマイナーキーのことを指します。CメジャーとCナチュラルマイナーは同主調の関係ということですね!

 

おさらいもかねて、それぞれのダイアトニックコードを見ていきましょう。

メジャーダイアトニック

ナチュラルマイナーダイアトニック

メジャー・マイナーの役割比較

それぞれのダイアトニックコードの役割一覧です。

代理和音の時にも解説した「同じ役割を持つコードを代わりに使う」という考え方が借用和音でも活かされます。

それぞれの役割をこの一覧で把握しておいてください。

 

マイナー借用の使い方

では実際にマイナー借用の使い方を見ていきましょう!

1)ダイアトニックをそのまま置き換える

もっとも代表的な使い方です。

一時的な転調として使われるケースも多いです。

例1

BEFORE

AFTER

 

「IV」と「V」をそれぞれマイナーコードに入れ替えたパターンです。

 

例2

BEFORE

AFTER

 

同じ度数のマイナーコードをがっつりと借用してみました!かなり雰囲気が変わりますね。

 

2)同じ度数の後に差し込む

同じ度数が連続する時に使えるテクニックです。

BEFORE

AFTER

 

3)役割で入れ替える

先に紹介した役割を入れ替えるとこのようにも使えます。

BEFORE

AFTER

<

audio style=”width:100%;” controls controlslist=”nodownload” src=”https://4ch.site/wp-content/uploads/2021/03/04_min.mp3″>

 

メジャーキーの「IV」はサブドミナント、「V」はドミナントですね。

  • サブドミナント「IV」→サブドミナントマイナーbVIに置き換え
  • ドミナント「V」→同じドミナント「VIIm(b5)」の度数を持つマイナーキーを借用

というふうに使い方をミックスしてやることもできます。

メロディーによっては合わないものもありますが、アレンジの幅を広げるアイデアとしてぜひ持っておきたいですね!

 

使い方のポイント

マイナー借用は和音を借用して雰囲気を変えるテクニックですが、最優先すべきは「メロディー」です。

 

使いやすいテクニックであっても、メロディーに合わないコードは無理に使わないほうが望ましいときもあります。

まえば

使いたくなりがちですが、どんな世界観をつくりたいか吟味して使いたいですね!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

借用和音は現代のポップスにはかかせないテクニックです。

 

特にマイナー借用は曲中で切り替えがしやすいので、どんどん使ってみることをオススメします。

セカンダリードミナントや、裏コードとセットで覚えておくことで幅広いコード進行に対応することができますよ!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • 借用和音とは、他のキーのコードを一時的に借りてくるテクニック。
  • 同主調のダイアトニックコードを入れ替えて使うことで、哀愁漂う物憂げなサウンドをつくることができる。
  • 借用和音でも、同じ役割を持つコードを使うことができる。
  • マイナー借用とは「ダイアトニックをそのまま置き換える」一時的な転調をさせる手法が代表的。
  • マイナー借用は曲中で切り替えがしやすいがゆえに使いたくなりがち。あくまで主役はメロディーであることを忘れずに!

コメントを残す