9月末まで|公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】コードの転回形をマスターしよう!(基本編)

 

「コード理論」初心者入門コーナー

「コード理論」初心者入門コーナーはこちら

ポップスで使える初心者向けのコード理論を解説していくシリーズです。

 

これまで、コードの基本的な知識やコード進行の型に関するお話をしてきました。

ここからいよいよ実践的な使い方を解説していきます。

 

今回はコードを具体的に使う方法「コードの転回」についてのお話です。

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

コードの転回って?

コードの転回とは、コードを構成する音の積み方(積む順番)を変えて響きを変化させる手法です。

コードの構成音はそのままに、音の積み方を変えてみます。

基本形

最も基本的な形です。(最低音:ド)

 

第一転回形

最低音が三度の音(ミの音)になります。

第二転回形

最低音が5度の音(ソの音)になります。

 

転回形は同じ構成音なのに、違った響きに聞こえますよね。

 

転回形は正式にはこのように書きます。

この書き方を「オンコード(別名:分数コード)」といいます。

最低音を指定することで、コードの積み方を指定できるわけですね。

オンコードの表記方法

オンコードは譜面によって書き方がマチマチです。

 

C/E と書くこともあれば、C on Eと書くこともあります。

 

どちらも同じ書き方です。登場したときに混乱しないようにしましょう。

 

コード転回によって得られるメリット

コードの転回の最大のメリットは、「コードとコードのつながりが滑らかになる」ということです。

基本形だけでコード進行を基本形だけでならべると、音と音のつながりがぎこちないものになります。

うさぼんぬ

デコボコしてるな。

 

これに転回形を加えると、滑らかな進行にすることができますね。

うさぼんぬ

おお。うつくしい。

 

コードの転回を実用する方法

ここで疑問が浮かんでくると思います。

うさぼんぬ

転回形を使った場合、逆にベースラインがぎこちなるのでは?
よい気づきだね!実際の使い方と見ながら解説していくね。

まえば

 

コードの転回形を用いて、最低音をベースラインにするとこんな風になります。

うさぼんぬ

賛美歌みたいだな。

 

そこでベースラインだけは元の基本形の形に戻して使うのです。

うさぼんぬ

自然に聞こえるな。
なんで、このような考え方になったのかはわからないんだけど、ポップスではこのやり方が主流になっています。

まえば

 

さらに、コードの転回を活用したベースラインテクニックとしてこのようにも使います。

うさぼんぬ

流れるような動きになったな。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

転回形を用いることで、たったひとつのコードネームから押さえ方をつくりだすことができます。

この考え方はなんども実践していく中で身につくものです。

今回の解説は特に大切なので、しっかり覚えておきましょう!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • コードの転回とは、構成音の積み方(積む順番)を変えて響きを変化させるテクニック。
  • 転回することで最低音(ルート)を変化させることで響きが変わる。
  • 転回形はそれぞれオンコードという書き方で指定できるが、最近は分数を省略して使うことが多い。
  • あえてオンコードを使うことで、コード進行の動きを変化させることができる。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す