公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ弾き語り】伴奏の作り方を知ろう(8BEAT前編)

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナー

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナーはこちら

弾き語りをはじめたい方に向けて初心者向けコーナーを作ってみました。

 

前回まで、リズムパターンの種類やリズムを伴奏にする基本的な考え方について解説してきました。

【ピアノ弾き語り】伴奏の作り方を知ろう(基本とヒント)

 

今回は、8BEATの伴奏の作り方を解説していきます。

8BEAT系の伴奏はロック色が強いのが特徴です。

 

バリエーションがたくさん作れるので、前編・後編に分けて解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

オーソドックスな8BEAT伴奏

まずは、8BEATのおさらいです。

以前紹介したリズムパターンを聞いてみましょう。

8ビートの特徴

  • ハイハットやライドで8分音符を刻むのが基本パターン
  • スネアは基本的に2拍目と4拍目を叩く
  • キックをアクセントを付ける箇所に8分音符単位で配置

パターン①

 

パターン②

 

パターン③

 

まえば

バスドラムの位置でビートの雰囲気がガラリと変わっていますね!

 

伴奏をつくるとき、左手はバスドラム・右手の2拍・4拍をスネアドラムとイメージするとよいでしょう。

まえば

両手をドラムに見立てて演奏することで、グルーヴ感のある演奏に近づけることができます。

 

それでは、実際にどのように伴奏にしていくかを見ていきましょう。

 

1、バスドラムとスネアを再現する

 

ロックな伴奏でよくあるパターンです。

左手をオクターブにしてもかっこよいです。

 

2、右手を四分打ちにする

 

コードを四分音符で刻むことで、ビート感を残したままの伴奏になりました。

 

3、左手オクターブ化①

 

左手の親指をスネアドラムに見立てたパターンです。

右手と同時に2拍目・4拍目を強調することで、よりロックな伴奏になります。

まえば

左手だけでドラムを表現していますね。

 

4、左手オクターブ化②

 

左手で8分音符入れるだけいれたパターンです。

まえば

かなりパワフル!

 

5、左手を裏拍に入れる王道パターン

 

左手の表拍を抜いたパターンです。

王道伴奏とも入れる大鉄板なので押さえておきましょう。

まえば

これができれば基本的な伴奏はできたも同然!

 

6、表拍・裏拍ミックス①

 

これまでご紹介したものをミックスしてみました。

まえば

パターンを混ぜることでいろんなノリをつくることができます。

 

7、表拍・裏拍ミックス②

 

2小節目の左手でオクターブの上下を変化させています。

まえば

ちょっと捻った感じがかっこよいですね。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

8BEATはの伴奏はすべての伴奏の基本となるパターンです。

次回は、8BEATをより本格的にするシンコペーションを交えたパターンをご紹介していきます。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • 左手をバスドラム、右手の2拍目・4拍目をスネアドラムに見立てて演奏する。
  • 両手をドラムに見立てて演奏することで、グルーヴ感のある演奏に近づけることができる。
  • パターンの組み合わせでいろんなノリを作り出すことができる。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す