11/1〜レッスン受付再開!人数限定キャンペーンあり

シンセサイザーで音色を作ろう 〜#15 TOTO風シンセブラスの作り方〜

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回は、Van Halenの名曲「Jump」風ブラスの作り方について解説しました。

シンセサイザーで音色を作ろう 〜#14 名曲「Jump」風シンセブラスの作り方〜

ぜひ作って、弾いてみてください!

今回は、TOTOの名曲「Africa」風シンセブラスの作り方について解説していきます。

この記事ではこんなことがわかるぞ。

うさぼんぬ

TOTOの名曲「Africa」風のシンセブラスの作り方

ご存知ない方のために、まずはこちら。


僕が高校生時代どハマりした曲です。笑

世代がわかりますな・・・

うさぼんぬ

というわけで、こちらの曲で使われているようなシンセブラスを作ってみました!


雰囲気は近くなったかなーと思います。

では、こちらの音の作り方をみていきましょう!

1、オシレータ

今回もノコギリ波の組み合わせです。

オシレータのレシピはこちら!

  1. OSC1:ノコギリ波を選択、「8’」に設定
  2. OSC2:ノコギリ波を選択、「8’」に設定
  3. OSC1:FINETUNEをほんの少し下げる
  4. OSC2:FINETUNEをほんの少し上げる

こんな感じのサウンドになります。

ポイントは、両方のオシレータのピッチをずらしてデチューン効果をかけておくことです。

2、アンプエンベロープ

アンプエンベロープはこのような感じで設定しました。

  • アタックタイム:10
  • ディケイタイム:80くらい
  • サスティンレベル:MAX
  • リリースタイム:40くらい

ポイントは、リリースタイムの長さ。

これによって原曲のようなフワッとした雰囲気になります。

3、フィルター

今回のキモはフィルターエンベロープです。

レゾナンスはゼロ、カットオフは下げ目にして音を柔らかくしましょう。

エンベロープでふわっとした雰囲気が出るように調節しました。

一気に近づきましたね!

4、LFO

今回もLFOでオシレータにモジュレーションを加えていきます。

LFO1を三角波にセットして、RATEは真ん中よりちょっと速いくらいに設定。

MODでかかり具合を調節します。

少しずつ雰囲気が近づいていますね。

5、エフェクト

最後はエフェクトで仕上げです。

音色の雰囲気はできているので、あとは空間系で整えてみましょう。

  1. ディレイは「LEFT:1/4」「RIGHT:1/8」でセット
  2. ディレイFEEDBACKは60〜70%、MIX量は40%くらいに設定
  3. リバーブ量は60〜70%くらいに設定

よい感じですね!

6、完成!

というわけで、完成です。

SOLO
DEMO

TOTO風サウンドのできあがり!

この記事のまとめ

いかがでしたか?

これまで紹介してきたシンセブラスとは異なったサウンドでしたね。

フィルターのカットオフやエンベロープをいじることで、フワッとしたシンセブラスもカンタンにつくれます。

ぜひ真似して作ってみてください!


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

今すぐ登録する


【ベストセラー】初の電子書籍出版!

超初心者が初心者になるための「ピアノ伴奏」決定版!楽譜・図解・動画付きで楽譜が読めない人でも安心♪

【読者限定特典】コード伴奏をマスターするエクササイズ付き!

読んでみる!

コメントを残す