公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!④

 

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナー

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナーはこちら

 

弾き語りコーナーもいよいよ大詰め!

前回まで紹介してきたフィルインの考え方とアイデアはいかがでしたか?

【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!① 【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!② 【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!③

今回は、これまで紹介してきた「add9」「sus4」に左手を絡めた弾き方を解説していきます。

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

左手にフィルインを入れるためのコツ

過去の記事で、左手の伴奏を充実させる方法としてこちらをご紹介してきました。

  • ルート単音
  • ルート+オクターブ上のルート
  • ルート+5度+オクターブ上のルート
ピアノ伴奏の左手の付け方とパターン(前編)

 

フィルインでもこの方法が使えます。

実は、これまで紹介してきた演奏でもさりげなく使ってきたんです。

 

add9

 

sus4

 

まえば

わかりづらいかもしれませんが、右手と左手のフレーズが繋がって聞こえていることがありますよね!

具体的な使い方を見ていきましょう!

 

左手と右手のコンビネーションこそピアノ伴奏の極意

では、左手の使い方を解説していきます。

 

「左手と右手のコンビネーションこそピアノ伴奏の極意」とはこれまでもお伝えしてきたとおりですが、

右手の音づかいと左手がどうつながっているかに着目してみてください。

 

1:「ルート+5度+ルート」+add9

「ルート+5度+ルート」に「add9」を加えたものです。

 

 

まえば

四拍目の16分音符4つ目を敢えて左手で弾いています。

 

2:「ルート+5度+ルート」+sus4

「ルート+5度+ルート」に「sus4」を加えたものです。

 

 

まえば

リズムの変化を加えると、さらに本格的に聞こえますよね!

 

左手に「ルート+5度+ルート」の音を加えることで、より伴奏に躍動感が加わったことが感じられるかと思います。

 

全てをミックスして弾いてみた

これまで紹介してきた「add9」「sus4」「ルート+5度+ルート」を全てミックスしてみます。

どこでどういう音が使われているのか、注目して聞いてみてください。

 

うさぼんぬ

同じコード進行とは思えないくらいゴージャスに聞こえるな。

 

ポイント

この演奏するときの一番大切な指は「左手の人差し指と親指」です。

  • 左手の人差し指(5度)
  • 左手の親指(オクターブ上のルート)

という指づかいで演奏することになると思います。

 

この2本の指が右手とのコンビネーションの架け橋になるので、滑らかにつながるように練習してみてください。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

難しく考えがちだったフィルインも、案外手順はシンプルだったりします。

紹介した内容は音数多めに弾いていますが、実際の弾き語りではできるだけシンプルにまとめるとよいでしょう。

まえば

あくまで主役は「歌」です!

 

ご紹介してきた①〜④の内容は、シンプルかつ比較的カンタンに使える方法なので使ってみてください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • 左手に「ルート+5度+ルート」の音を加えることで、より伴奏に躍動感が加わる。
  • 左手で弾く「5度」「オクターブ上のルート」が、右手のフレーズとの架け橋になる。
  • あくまで主役は「歌」なのでフィルインは適度に入れること。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す