レッスンが新しくなりました!

【ピアノ弾き語り】おすすめアーティスト12選

[ この記事は3分で読めます ] 

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナー

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナーはこちら

 

前回は「弾き語りとは?」「ピアノ伴奏とは?」についてお話してきました。

【ピアノ】弾き語りをはじめよう。

さて、今回は「まずはかっこいい演奏に触れよう!」ということで

弾き語り&ピアノ伴奏のおすすめアーティストの中から選りすぐってみました!

まえば

最初にお詫びしますが、かなり好み入ってます!

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

男性の弾き語りアーティスト

Elton John(エルトン・ジョン)

名曲「YourSong」などポップなメロディーラインが印象的なアーティストですが、

実際にはブルースやロックンロール・ソウルなど音楽性は幅広く、ライブの演奏はとても力強いのも印象的です。

 

Billy Joel(ビリー・ジョエル)

ぼくが最も尊敬するピアノマンのひとりです。

ポップでキャッチーなメロディーに、力強く叩きつけるようなピアノが特徴。

エルトンジョンに並び、世界を代表するシンガーソングライターだと思います。

まえば

「ピアノマン」「オネスティー」などが有名ですね!

 

Ben folds(ベン・フォールズ)

先に紹介したエルトンジョンやビリージョエルから多分に影響を受けたそうです。

スタンディングで、ピアノを上から打楽器のように叩きつける演奏はピアノパンクロックというスタイルも確立しました。

左利きなので、とにかく左手の打鍵力がすごいです!

 

Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)

名曲「Isn’t She Lovely」でお馴染み、知らない人はいないであろう世界的なシンガーソングライターです。

ピアノはもちろん、クロマチックハーモニカ、ドラムなどの楽器もこなすマルチプレイヤー。

計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロ・シンガーらしいです。

 

佐藤竹善

ぼくの青春の一曲。ピアノ一本でなんでこんなリズミカルな演奏ができるんだ!と感動したものです。

リズムのある演奏はそれだけで手拍子が湧いてきますね。

 

藤井風

圧倒的な音楽センスと、23歳とは思えない音楽力と演奏力、そしてリズム感。

とにかくキレッキレな演奏は必聴です。

まえば

個人的に国内のイチオシアーティストです。

 

女性の弾き語りアーティスト

Alicia Keys(アリシア・キーズ)

グラミー15冠を誇る歌姫。

クラシックだけでなく、ヒップホップ・ソウル・ブルースなど幅広い音楽を吸収してきた彼女ならではの演奏をお楽しみください。

 

アンジェラアキ

女性のピアノ弾き語りアーティストといえば、ですね。この人の歌を聞いているといつもグッと来てしまう。。。

アンジェラアキも立ちあがり弾くスタイルをとりますが、彼女もBen Foldsの影響を受けているそうですよ!

 

日食なつこ

生徒さんに教えてもらったのですが、あまりにかっこよくて聞き入ってしまいました。

ピアノの表現がとにかく豊富。繊細さと力強さを持ち、リズム隊のない演奏とは思えない奥深さがあります。

 

松任谷由美

ユーミンの弾き語りはかなり貴重なのではないでしょうか?

独特の歌声、そして歌詞。いつまでも色あせず、どこか懐かしく感じるユーミンの世界。ずっと浸っていたいですね。

 

 

ピアノデュオ

スキマスイッチ

ピアノデュオといえばこのお二人ではないでしょうか!

シンプルで、歌をひきたてる演奏はさすがですね。

 

森山直太郎

デュオスタイルでの演奏はこの曲が有名ですね。もはや日本人で知らない人はいないかもしれません。

終始美しいピアノ演奏は必聴です。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

まだまだ素晴らしいアーティストはたくさんいるのですが、個人的な好みで選ばせていただきました!

どれも個性的で、弾き語りやピアノ伴奏のかっこよさを教えてくれるものばかりですよね。

気になるアーティストがいたらぜひ作品などチェックしてみてください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • 良い演奏をするには、良い演奏を知ることから。

 

コメントを残す