9月末まで|公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】ノンダイアトニックの定番!セカンダリードミナント(応用編)

 

「コード理論」初心者入門コーナー

「コード理論」初心者入門コーナーはこちら

ポップスで使える初心者向けのコード理論を解説していくシリーズです。

 

前回はセカンダリードミナントの基本的な考え方や使い方の解説をしてきました。

【ピアノ・キーボード】ノンダイアトニックの定番!セカンダリードミナント(基本編)

今回はセカンダリードミナントをベースにして、より多彩なコード進行をつくるためのテクニックを解説していきます。

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

ツーファイブ化

ツーファーブワンとは?

ツーファイブワンとは、ダイアトニックコードの「II」「V」「I」の進行のこと。

ドミナントモーションの前に完全五度下(完全四度上)の進行を加えることで、より強い解決感を与えることができます。

コード進行の中でもっとも重要な型とされています。

 

ツーファイブワンをセカンダリードミナントに応用

セカンダリードミナントの前には、完全四度下の「IIm」か「IIm(b5)」を加えることができます。

ダイアトニックコード上はメジャーであっても、「IIm」か「IIm(b5)」のいずれかに変化させてツーファイブ化ができます。

 

ツーファイブワンを五度圏でみてみましょう。(青がIIm7→V7の動き

時計回りに進行していることがわかりますね。

 

「IIm」もしくは「IIm(b5)」の動きを加えるとこのようなかたちになります。

ちょっと複雑ですね。笑

 

表にまとめるとこのようになります。

ポイント

基本的に、解決先がメジャーのときは「IIm」、マイナーのときは「IIm(b5)」を使いますが、コードの流れに違和感がなければどちらも使用可能です!

 

サウンドを聞いてみよう!

セカンダリードミナントのツーファイブワンの音を聞いてみましょう!

IIIm7 – VI7 – IIm

 

#IVm7(b5) – VII7 – IIIm

 

Vm7 – I7 – IV

 

VIm7 – II7 – V

 

VIIm7(b5) – III7 – VIm

 

まえば

一気にバリエーションが増えましたね!

 

 

ツーファイブワンをさらにアレンジ!

セカンダリードミナントも、ツーファイブワンからさらに発展させることができます。

 

以前、ドミナントにはバリエーションがつくれるというお話をしましたよね。

【ピアノ・キーボード】感動をつくるドミナントのバリエーション

セカンダリードミナントにもこの考え方が応用できます!

 

sus2&sus4化

セカンダリードミナントをsus2・sus4化したものをご紹介します。

例1

 

例2

 

IV/V化

次に、セカンダリードミナントをIV/V化したものをご紹介します。

例1

 

例2

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

最後に、ご紹介した内容を反映したコード進行例をご紹介します。

 

セカンダリードミナントは本当にたくさんの場面で活用できるテクニックです。

実際に楽器で音を鳴らしながら、お好みの進行を見つけてヤミツキになってください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • ツーファイブワンとは、ドミナントモーションの前に完全五度下(完全四度上)の進行を加えた進行。より強い解決感を与えることができる。
  • ツーファイブワンはコード進行の型の中でも、もっとも重要な型とされている。
  • 基本的にメジャーに解決するときは「IIm」、マイナーに解決するとき「IIm(b5)」は使うが、コードの流れとして違和感なければどちらでも使える。
  • ツーファイブ化したドミナントを、さらに「sus2&sus4化」「IV/V化」などでアレンジすることができる。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す