9月末まで|公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【小ネタ】エンディングで使えるピアノアルペジオ(3和音編)

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

今回は小ネタのご紹介です。

曲のエンディングで使われている「アルペジオ」についてご紹介したいと思います。

うさぼんぬ

エンディング?アルペジオ?

まえば

曲の終わりでよく聞く「タラララララ〜」っていうキレイなやつのことだね。

 

エンディングのアルペジオは、難しいイメージがあるかもしれません。

どんなふうに出来ていて、どうやって弾くのか、など。音使いや弾き方について解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

エンディングのアルペジオの構成音と弾き方

 

アルペジオの構成音

エンディングのアルペジオの音使いは実にシンプル。

コードトーンを順番に弾く!これだけです。笑

まえば

複雑にすることもできますが、まずは基本的な使い方を覚えていきましょう!

 

最後のコードが「C」で終わる場合、「ド・ミ・ソ・ド・ミ・ソ〜」と順番に弾いているというわけです。

これだけでも十分エンディングの雰囲気になりますが、ちょっとした工夫で雰囲気を変えることができます。

 

エンディングを弾く際のポイント

演奏時のポイントはいくつかありますが、特に押さえておきたいポイントを解説します。

 

演奏時のポイント!

  • 運指(指番号)を決めておく。
  • サスティンペダルは踏みっぱなしにする。
  • オクターブ上のコードトーンと滑らかに繋がるように、鍵盤からすぐ指を離す。
  • 3連符をイメージして弾くとそれっぽい。
  • 早く弾いたり遅く弾いたりするとより雰囲気が出る。

 

特に「運指を決める」ことが大切!

最初はなかなか滑らかに繋がらないと思うので、ゆっくり音が繋がるように練習してみましょう。

 

メジャートライアドのアルペジオ

では、実際にアルペジオ奏法をみていきます。

 

もっとも基本的な3和音を見ていきましょう。

雰囲気を感じてもらうために、最初にコードを鳴らしてからアルペジオを繋げて弾いてみます。

 

基本形

運指例:「1・2・4」「1・3・5」

 

耳馴染みのあるアルペジオですね!

 

第一転回形

運指例:「1・2・4」「1・2・5」

 

 

基本形よりゴージャスな雰囲気があります。

 

第二転回形

 

運指例:「1・2・4」「1・3・5」

 

他の転回形に比べると、まだ続きがありそうな雰囲気ですね。

 

 

ちょっとおしゃれなSUS2アルペジオ

次に、ちょっとおしゃれなsus2アルペジオをご紹介します。

 

基本形

運指例:「1・2・5」

 

 

普通のCメジャーに比べて、おしゃれで洗練された雰囲気ですね!

 

第一転回形

運指例:「1・2・5」

 

 

こちらは浮遊感のある雰囲気になりました!

 

第二転回形

運指例:「1・2・3」

 

 

個人的にはちょっと切ない雰囲気に感じます!笑

 

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

エンディングで使われるピアノアルペジオについて解説してきました。

 

転回形を変えれば、始まりの音と終わりの音が変わります。

それぞれの転回形を指に馴染ませておくと、いろんなシーンに対応できるようになります。

ぜひご活用ください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。

この記事のまとめ

  • エンディングのアルペジオは、コードトーンを順番に弾くだけ。
  • コードを転回させることで「はじまりの音・終わりの音」が変わり、雰囲気が変わる。
  • 練習するときは運指を決めて、オクターブ上のコードトーンに滑らかにつながるように演奏する。
  • サスティンペダルはベタ踏みでオーケー。
  • 早く弾いたり、遅く弾いたりすると雰囲気がでる。
  • ちょっとおしゃれにしたい時は「sus2」のアルペジオがオススメ。

その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する

コメントを残す