【6月限定】初心者向けコードセミナー開催!

【バンドキーボード入門】スコアの読み方(基本編)

「バンドキーボーディスト」解説シリーズ

バンドキーボード入門コーナーはこちら

バンドキーボーディストのアレコレを解説していくシリーズです。

 

楽器や機材が揃ったら、いよいよ音を出して練習してみましょう!

うさぼんぬ

よく考えたら譜面の読み方がまったくわからないぞ。

まえば

大丈夫!基本的なものから覚えていこう!

 

バンドキーボードで使われる譜面は、クラシックピアノのような難解なものではありません。

小学校のときに習った程度の知識でも案外いけるものです。

 

これから紹介する内容が理解できれば、基本的な演奏はできるはずです。

臆せず進んでいきましょう!

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

五線譜の基本

譜面の読み方について、わかりやすく解説してあるサイトはたくさんあります。

ここでは「バンドキーボードにとって必要最低限の譜面を読む知識」について書いていきます。

 

五線譜とキーボードの位置

まずは、五線譜とキーボードを一致させてみましょう。

こんな風に「ド」の音の配置を覚えておくと、譜面が読みやすくなります。

「C3(真ん中のド)」を基準に、ト音記号とヘ音記号で対極になっているのがわかりますね。

 

自分なりに読みやすい目安を作っておくのがポイントです。

譜面冒頭に登場する記号

これらは曲を弾き始める前に確認する部分になります。

音部
記号
ト音
記号
記号の円の中心が「ソ」を指す。
ボーカル、ギター、キーボードの右手のパートが書かれることが多い。
ヘ音
記号
「:」の間の音が「ファ」を指す。
キーボードの左手パート、ベースなど
拍子記号 1小節が何拍か(何分音符が何個入るか)を分数で示す。
分母が音符の種類、分子が音符の数。
例)4/4なら四分音符が4つ分。
調号 曲の調(キー)を示すもの。
#や♭の数で調が特定できる。

曲の基本となる「拍子」と「調」を把握する部分になるので、おさえておきましょう。

 

音符と休符の基本

次に、音符と休符についてお話ししていきます。

  • 音符:五線上で音の高さ音の長さを示す記号
  • 休符:音符に対して、音を鳴らさない長さを示す記号

 

音の長さのことを「音価(おんか)」といい、「拍(はく)」という単位で数えます。

それぞれの表記と記号を見ていきましょう。

全音符 全休符 1小節全部の長さ。
例)4/4拍子なら、4拍分。
2分
音符
2分
休符
1小節を2つに分けた長さ。
例)4/4拍子なら、2拍分。
4分
音符
4分
休符
1小節を4つに分けた長さ。
4/4拍子の1拍に相当。拍を数える際の基準になる。
8分
音符
8分
休符
4分音符(休符)を2つに分けた長さ。
16分
音符
16分
休符
4分音符(休符)を4つに分けた長さ。

まえば

「拍」と「拍子」はセットで理解しておくとよいです!

また、音符や休符を半分の長さで表したい場合、音符や休符の右下に「付点」をいう点をつけて示します。

臨時記号

調号にはない音を演奏する時は、臨時記号を用いて音の高さを示します。

この3点は覚えておきましょう。

  • #(シャープ):半音上げる
  • ♭(フラット):半音下げる
  • ♮(ナチュラル):シャープやフラットを解除する

アーティキュレーションなど

音価だけは表記できない部分は、音符に記号を付け加えて表記することもあります。

テヌート その音を音価いっぱい延ばす
タイ 同じ音をつないで弾く
スラー 違う音を滑らかに弾く
スタッカート 一音一音を短く弾く
アクセント 強く弾く

 

 

 

進行の表記

ポップスでは、1番・2番といった構成を繰り返す楽曲が多いです。

そのため、バンド譜では記号を用いて曲の進行を表しています。

この進行こそバンド譜で理解しておいてほしいポイントです。

 

主に、下記のような記号が用いられます。

リハーサルマーク

曲の構成の区切りを示すマークです。

譜面の冒頭や曲の節目(イントロ・Aメロ・サビ など)など、譜面上部にこのマークを表記して、進行をわかりやすくするもの。

一般的に「Intro」や「A」「B」「C」といった書き方をしますが、書き手によって多少書き方は異なります。

リピート・マーク/カッコ

繰り返したい箇所を上記のように囲います。

繰り返された後、違う進行に進みたい場合、譜面上部の「カッコ」で1回目と2回目で進行が変わることを示すことができます。

まえば

上記の場合、①→②→①→③→④と進行します。
ポイント
  • 曲の1小節目に戻るときは前のリピート・マークは省略できる。
  • 「カッコ」がないときは、囲われている部分を繰り返す。
  • 複数繰り返す場合は「● times repeat」など記載する場合がある。

ダ・カーポ(D.C.)

曲の一番最初に戻ります。

まえば

上記の場合、①→②→③→④→①→②→③→④と進行します。

ダル・セーニョ(D.S.)

D.S.からセーニョ・マークまで戻ります。

まえば

上記の場合、①→②→③→④→③→④と進行します。

コーダ(Coda)

「D.C.」や「D.S.」後に使われます。

「to Coda」から「コーダ・マーク」までジャンプします。

まえば

上記の場合、①→②→③→④→②→④と進行します。

これらの組み合わせによって、バンド譜面の進行は表されています。

進行を見落さないように、色を使ってわかりやすく工夫するのもアリですね!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

ものすごく煩雑そうな譜面も、ポップスにおいてはこれくらいでもなんとかなります。

こういったカジュアルさも、クラシックとは違った楽しみのひとつ。

 

演奏できる曲を増やして、どんどん自信をつけていきましょう!

ご紹介した内容をぜひ役に立ててみてください。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • ト音記号とヘ音記号それぞれで「ド」の位置を押させておこう。
  • 音部記号、拍子記号、調号は曲を演奏する前に確認するもの。
  • 音符と休符の音の長さを理解しておこう。
  • ポップスは繰り返しの音楽なので、進行を表す記号が頻繁に使われる。
バンドキーボード入門コーナーはこちら

コメントを残す