9月末まで|公式LINEオープン記念キャンペーン中!

シンセサイザーで音色を作ろう 〜#1 シンセの代表的な音色〜

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回まで、シンセサイザーの音作りの基本について解説してきました。

 

今回から、シンセの代表的な音色と作り方について解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

シンセサイザーの代表的な音色はたった5つ!

 

シンセサイザーの音色!というだけでひるみそうになりますが、実はたった5つのカテゴリーに分類することができます。

  1. シンセベース(Synth Bass)
  2. シンセリード(Synth Lead)
  3. プラック(Pluck)
  4. パッド(Pad)
  5. シーケンス(Sequence)

それぞれの音色の特徴について観ていきましょう。

 

1、シンセベース(Synth Bass)

シンセベースは、名前の通りベースパートを担当する音色です。

 

最近は、ベーシストがシンセベースを弾く機会が増えましたね。

こちらの曲はイントロやサビがシンセベース、それ以外はベースと使い分けています。

 

シンセベースの演奏は、ルート音を中心にシンプルなリズム刻んでいることが多いです。

 

シンセベースの特徴

  • モノフォニック
  • サスティン高めの持続音系

 

2、シンセリード(Synth Lead)

シンセリードは、主にメロディやソロパートを取るときに使う音色です。

シンセブラスもシンセリードの一種に含まれます。

 

シンセリードの特徴

  • モノフォニック
  • サスティン高めの持続音系

 

3、ブラック(Pluck)

プラックとは、主にコードパートを演奏する音色です。

ブラック(Pluck)には「弦楽器をかき鳴らす」という意味があり、ギターやハープなどの楽器の音色に似ています。

ピアノやギター、ベルなどもプラックの一種として考えておくといいでしょう。

 

シンセベースの特徴

  • ポリフォニック
  • サスティン低めの減衰音系

 

4、パッド(Pad)

Pad(Pad)とは、サウンドの広がりや空気感を演出する時に使われる音色です。

 

「パッド(Pad)」には”隙間を埋める”という意味があり、シンセのアレンジでは白玉演奏する機会が多いです。

シンセストリングスも、パッドのカテゴリーに含まれます。

 

シンセベースの特徴

  • ポリフォニック
  • サスティン高めの持続音系
  • アタック遅め

 

5、シーケンス(Sequence)

シーケンスとは、あらかじめプログラミングされたパターンを機械的に演奏してくれる音色です。

 

シーケンスの役割は「にぎやかし」。

打ち込み音楽には頻繁に使われていますが、実際の生演奏では使う機会は少ないかもしれません。

 

最近のシンセには「アルペジエーター」という機能があり、ライブ中でもテンポに合わせて演奏するバンドもいます。

シーケンスがあるとバンドサウンドに華やかさが加わるので、余裕があったら使ってみたいところです。

 

この記事のまとめ

 

いかがでしたか?

シンセの音色は無限と思いきや、実はたった五つにカテゴリー分けができます。

それぞれの音色の特徴を押さえておけば、自在に音作りができるようになりますよ!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。

 

この記事のまとめ

  • シンセの音色は5つにカテゴリー分けすることができる。
  • 「モノかポリか」「持続音系か減衰音系か」「エンベロープの設定は?」を押さえておけば音作りがラクになる!

その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する

コメントを残す