公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!③

 

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナー

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナーはこちら

 

前回は、歌を引き立たせる伴奏のテクニックとしてフィルインを紹介してきました。

【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!②

前回の内容は「add9」というコードの使い方の解説でしたね。

 

今回は「sus4」を使ったフレーズのアイデアをご紹介します。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

sus4が使えるダイアトニックコード

「sus4」とは、コードの3度の音をおとなりの4度にずらしたコードのことです。

英語の「suspended」(吊るす)という単語から来ており、一時的にずらすという意味合いになります。

まえば

「一時的に」というところがポイントで、最終的に3度の音に進行したくなる響きが特徴です。

 

ダイアトニックで「sus4」を使いやすいコードはこの4つです。

 

まえば

「IV」でも使えるのですが、メジャースケール上にはない音を使うことになるので今回は省略します。

「add9」はルートと3度をつなぐ役割をしてくれるもの。

「sus4」の音は3度と5度をつなぐ役割をしてくれるもの、と考えておくとよいでしょう。

 

では、実際の使い方を解説していきます。

 

sus4(基本形)

sus4では2つのパターンを紹介します。

 

パターン①

 

ポイント

sus4の音を弾くときはルートの音を一緒に弾くと効果的。

ポイントは、親指をできるだけ押さえたままにしておくことです。

 

パターン②

 

 

sus4(第一転回形)

sus4の場合は第一転回形にすることで、こんな風に弾くことができます。

では、パターン①②それぞれを転回させてみましょう。

 

パターン①

 

ポイント

ルートの音を小指で弾きます。

基本形と同様、できるだけ小指は押さえたままにしておくことがポイントです。

 

パターン②

 

 

全てをミックスして弾いてみた

前回紹介した「add9」の音づかいもミックスして弾いてみました。

 

 

うさぼんぬ

ほー。さらに広がった感じがする。

まえば

「sus4」の音使いは「add9」に並んで使いやすいよ!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

「sus4」は「add9」とはまた違った雰囲気のフィルインになったと思います。

これらの組み合わせで無限に伴奏パターンを作ることができます。

 

指づかいが難しいですが、動かしていくうちに弾けるようになっていきます。

ぜひ、取り入れてみてください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • ルートの音を同時に鳴らすことで、和音感を損なわないフィルインにすることができる。
  • 「add9」の音づかいを組み合わせると、さらにフィルインのバリエーションを増やすことができる。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す