音の強弱をコントロールする「ベロシティ」の考え方

キーボーディストのマエバヨシアキ(@maebayoshiaki)です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

さて、今日のお話しは

音の強弱をコントロールする「ベロシティ」の考え方

についてシタタメていきたいと思います。

+++

「ベロシティ」って聞いたことありますか?

ベロシティとは、電子楽器の演奏情報のやり取りをするための規格であるMIDIにおいて、音の強弱を表す数値のことである。
ベロシティは0~127の128段階あり、0は無音、127が最大の音の大きさとなっている。
ベロシティは、英語で「速さ」を意味し、鍵盤が押し込まれる「速さ」のことを指している。

(Weblio辞書より引用)

ふむふむ。

電子ピアノやシンセサイザーなどの鍵盤楽器は、「鍵盤の押し方で音の強弱を表現する」ことができます。

生のピアノには当然のことながら「ベロシティ」という機能はついていません。
ピアノは「打鍵」なので「鍵盤を叩くと、その鍵盤のハンマーがピアノ線を叩いて音が鳴る」という構造になっています。

で、電子楽器はデジタル機器なので、この【強弱が数値でプログラム】されています。
生に近づけるため「ベロシティ」という機能をつけてリアリティを再現しているわけですね。

というわけで、下線を引いた箇所を踏まえてお話をしていきたいと思います。

ベロシティは128段階存在する

まず、「ベロシティ」について掘り下げてみます。

ベロシティは0~127の128段階あり、0は無音、127が最大の音の大きさとなっている。

とありますが、0-128を人間が意識してコントロールすることはほぼ不可能です。

「ここの音はベロシティ121で思いっきり!」

「ベロシティ38ですご〜くやさしく!」

・・・やらないですよね?笑
#いたら会いたい

 

ベロシティはざっくりこんなイメージを持っておくとよいです。
#図をつくってみました

 

イメージは数値や擬音部分まで真に受けないでほしいんですが、
【ベロシティは0-128で数値化されているものの中で、数値ごとの「くくり=ゾーン」がある】ということ。

上の例でいうと「カン」っていう音のゾーン(100-127)があったとして、
【「カン」という音のゾーンがあった上で、「カン」とうゾーンの中で、さらに「ベロシティの大小=音の強弱」がある】というイメージです。
#幽遊白書の妖怪ランクみたいなやつ
#戸愚呂弟でもB級上位

もっと踏み込むと、
ピアノという音色の中にさらに「カン」「コン」「ポン」という音色があり、
「カン」という音色の中にも、「強いカン」「ふつうのカン」「弱いカン」がいるのです。

ひとつの楽器にも様々な音色を持ってるということですね。
それらをコントロールして表現する機能が「ベロシティ」ということになります。

音の強弱はタッチの強弱ではない

ベロシティについて「音の強弱」と説明してきたのですが、ひとつだけ気をつけておいたほうがよいことがあります。

楽器における「強弱」とは、【鳴らす強さではなく、鳴らすスピード】であるということ。

ベロシティは、英語で「速さ」を意味し、鍵盤が押し込まれる「速さ」のことを指している。

と書かれているとおり、【楽器の「鳴り」は、打鍵のスピードに比例する】ということです。
#鍵盤にかぎらずギターやドラムも同じ

僕も、いい音を出そうと力づくで鍵盤を叩いていた時期がありましたが、
どう頑張っても「イイ」と感じる音に辿りつけませんでした。

「イイ」演奏って力が入ってないんです。
脱力してて、重力に身を任せてて、音を強弱を表現します。

この時に「力の強さ」と考えるのではなく、
「スピード」だとか「かたい・やわらかい」といった意識を持って音を奏でている。
#言葉だけだと伝わりづらいですが

 

迷いがあると、打鍵のスピードは鈍ります。
プロの演奏は迷いがないから打鍵のスピードも早い。
そして、そのスピードを自在にコントロールしている。

そんな視点から「ベロシティ」を見直していくと「打鍵」そのものに対する意識も変わるかもしれないですね。

まとめると

ベロシティを考えるときは、

  • ベロシティは音の強弱を数値化したもので0-128で設定できる
  • ベロシティは数値ごとでくくられた「音色」のゾーンがある
  • 音の強弱とは「打鍵の強さ」ではなく「打鍵のスピード」である

ベロシティを理解していると、DTMの打ち込みがよりリアルにつくれたり、表現そのものが豊かになります。

メーカーごとで設定や基準が異なるので、実際に音を鳴らしてキャラクターを掴んでいくのが良いと思います。
DAWをお持ちの肩はMIDIでベロシティ数値まで打ち込んで聴き比べるのもアリですね!

+++

というわけで、

音の強弱をコントロールする「ベロシティ」の考え方

をシタタメてみました。

それでは、今日もよい1日をお過ごしください。

コメントを残す