バンドで音抜けや混ざりを改善するたったひとつのコツ

キーボーディストのマエバヨシアキ(@maebayoshiaki)です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

さて、今日のお話しは

「バンドで音抜けや混ざりを改善するたったひとつのコツ」

というテーマでシタタメていきたいと思います。

バンド演奏で、複数の音色を使用することってありますが、
音色ごとの「混ざりが悪い」「音が抜けない」など、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

悩む前にまず抑えておいてほしいこと。

それは、

全ての音色のボリュームを揃える

ということです。

「何を当たり前のことを」と思ったあなた、すばらしいです。

実は最も基本であり、とても大切なことです。
でもね、意外にここができてないひと多いです。

シンセのプリセットのボリュームはバラバラである

シンセサイザープリセット音色のボリュームは、同じのようで実はバラバラなのです。
ヘッドホンなどで聞いていると判別しづらいですが、実際にはかなり差があります。

下の図をご覧ください。

音色A・B・Cがありますが、ボリュームがバラバラです。
一曲の中で三つの音色を順番に使う状況だったとします。

音色Aのボリュームを聞かせたいためボリュームをあげると、
音色Bはものすごく大きく、音色Cはまだ小さいまま。

この設定のまま音色Bを使ってしまったら・・・?

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]びっくりします。[/word_balloon]

そうですね。
PAさんも、オーディエンスも、バンドメンバーもびっくりです。

そうならないために!
もともとの音色ボリュームを揃えておくことが大切です。

ボリュームをいじるということは、自分が思っている以上に影響が大きいのです。
音の抜けや混ざりを考えるときに、音質をいじる前にまず然るべきボリューム設定にしてあげることが大切なのです。

キーボードのマスターボリュームは基本的に固定にしておく

では具体的にどうするか。

マスターボリュームをいじるのは最後の微調整、と考えるようにしましょう。

シンセによって個体差があるので一概には言えないですが、
マスターボリュームは大体7〜8割くらいに固定しておくのがいいでしょう。

  1. マスターボリュームを7〜8割に固定した状態で、使用する全ての音色を聴き比べる
  2. ボリュームを基準にする音色を決める(一番ボリュームが小さい音色を選ぶと◎)
  3. 基準にした音色のボリュームに揃うように、他の音色のボリューム設定を調整

シンセサイザーのボリューム設定は0〜127の数値で決めることができます。
2の基準を決める場合、ボリューム設定を100〜110くらいを基準にして、上下にバッファを作っておくイメージがよいでしょう!

リハーサルに入る前にこのボリューム調整をしておいて、実際にスタジオで微調整していくのがよいですね!

まとめると

というわけで、

「バンドで音抜けや混ざりを改善するたったひとつのコツ」

についてシタタメてみました。

とても基本的なことですが、案外おろそかになりがち。
ボリュームが整っていれば、演奏に集中することができるようになりますよ!

もし音抜けや混ざりでお悩みの方は、一度ご自身のキーボードの設定を確認してみてください。

それでは、今日もよい1日をお過ごしください(^O^)

コメントを残す