公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/中上級④裏コード

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回はセカンダリードミナントに実践的な使い方について解説してきました。

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/中上級③セカンダリードミナント(後編)

 

今回は、ドミナントモーションでもうひとつ押さえておきたいノンダイアトニックコード「裏コード」について解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

裏コードとは?

裏コードとは、同じトライトーンを持つドミナントセブンスコードのこと。

ドミナントモーションの特性を生み出すトライトーンは、2つのセブンスコードを作ることができます。

まえば

裏コードは解決先の半音上のセブンスコードとも言えますね!

この半音の動きがこそが、オシャレなコード進行をさらにジャジーでオシャレにしてくれます。

 

この特徴を利用して、コード進行をアレンジしていきましょう。

 

 

実践!裏コード進行例

前回ご紹介してきたセカンダリードミナントのコード進行に、裏コードを加えたものをご紹介します。

裏コードが判別しやすくなるように、一覧表をつくってみました。

うさぼんぬ

実際に使うのはむずかしそうだな・・・

まえば

最初は難しいものだよ!わからなくなったら「解決先の半音上のセブンスコード」と思い出そう!

 

ここまでのことが理解できれば、オシャレコードはほぼほぼマスターしたようなもの。

頑張ってついてきてください!

 

パターン①

まずはこちらの譜例を使ってやってみましょう。

BEFORE

 

 

AFTER①

 

2小節目E7を裏コード化すると「Bb7」にすることができますね。

この半音ずつ下がる動きこそオシャレなのです。

 

AFTER②

 

3小節目のAm7からEm7の動きの中で、間にセカンダリードミナント「B7」を入れて裏コード化したもの。

半音上からの進行はジャジーな雰囲気を作ってくれますね。

 

パターン②

BEFORE

 

AFTER

 

うさぼんぬ

ジャズでありそうな進行だな。

 

パターン③

BEFORE

 

AFTER

 

極端に裏コードに置換えてみました。

ここまで無理やり使うケースは少ないですが、1小節目の”Eb7”は半音下行する進行がカッコ良いのでよく使いますね。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

裏コードが加わると、響きもコードの押さえ方も複雑になりますが、圧倒的にオシャレサウンドを手に入れることができます。

ぜひぜひ挑戦してみてください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。

この記事のまとめ

  • 裏コードとは、同じトライトーンを持つドミナントセブンスコードのこと。
  • ドミナントモーションの特性を生み出すトライトーンは、2つのセブンスコードを作ることができる。
  • 裏コードは解決先の半音上のセブンスコード。

その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する

コメントを残す