公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/中上級②セカンダリードミナント(中編)

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回からノンダイアトニックコードについての解説がはじまりました。

まずは、ノンダイアトニックの大定番「セカンダリードミナント」についてでしたね。

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/中上級①セカンダリードミナント(前編)

まえば

セカンダリードミナントなくしておしゃれコードなし!くらいの重要なコードです。

 

今回は、セカンダリードミナントの使い方について詳しくみていきましょう。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

セカンダリードミナントの使い方

セカンダリードミナントの使い方は、たったの2ステップ。

  1. 次のコードを見る
  2. 手前のコードを置き換えるor追加する

たったこれだけです。

 

前回解説したこちらの表を見てみましょう。

このことから

  • VI7ーIIm (IIm7) →Dm(Dm7)の前にA7
  • VII7ーIIIm (IIIm7) →Em(Em7)の前にB7
  • I7ーIV (IV△7) →F(FM7)の前にC7
  • II7ーV (V7) →G(G7)の前にD7
  • III7ーVIm (Vim7) →Am(Am7)の前にE7

というふうに、次のコードに向けてコードを使ってあげましょう。

より詳しい解説はこちらをご覧ください。

 

 

実演!一気にオシャレに!セカンダリードミナント

以前のコードレシピの中から、いくつかピックアップしてみました。

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/中級⑩コード進行レシピ

実際に使っていきましょう。

 

1)IM7ーIV/VーVIm7ーIIIm7

BEFORE

 

AFTER

 

2小節目に、次のコード「Am7」に向けてセカンダリードミナントを追加しました。

 

2)IM7ーVIIm(b5)ーIIIm7ーVIm7

BEFORE

 

AFTER

 

こちらも2・3小節目に次のコードに向かうドミナントコードを追加したパターンです。

 

3)IIIm7ーVIm7ーV7,IV/VーIM

BEFORE

 

AFTER

 

1小節目のEm7を次のAm7に向けて変化させました。

同じく2小節目に次のコードに向かうドミナントコードを追加しています。

 

4)IIIm7ーIVM7ーIVM7/VーVIm7

BEFORE

 

AFTER

 

こちらは1小節目にC7を追加しました。

IVMに向かう雰囲気は独特ですね。

 

5)VIm7ーIIm7ーIVM7/V,V7ーIM

BEFORE

 

AFTER

 

1小節目のコードを次のDm7に向けて変化させたパターンです。

 

6)IM7ーIVM7ーIIm,V7sus4ーIIIm7

BEFORE

 

AFTER

 

詰め込まれた感じがします。笑

ポイントは2・3小節目。

3小節目の「Dm7」を「D7」に変化させていますが、その前もA7に変化させています。

ドミナントが連続することから、この「D7」のことをダブルドミナント(ドッペルドミナント)と呼びます。

 

7)IIIm7ーIIm7ーIIIm7ーIVM7

BEFORE

 

AFTER

 

最後も詰め込んでみました。

ここまでやると元の進行の雰囲気が残っていませんね。笑

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

たったこれだけで、劇的におしゃれになりましたね!

まえば

特にIII7→VIm7の動きはみんな大好きです。笑

やりすぎると曲の雰囲気を損ねてしまいかねないので、使いながら調整していくとよいでしょう!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。

この記事のまとめ

  • セカンダリードミナントの使い方は「次のコードを見て、手前のコードを置換えor追加する」だけ。
  • やりすぎ注意!曲の雰囲気を損ねない程度に使おう!

その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する

コメントを残す