公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/中上級①セカンダリードミナント(前編)

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回は、ダイアトニックコードだけで作られたコード進行の総まとめでした。

まえば

ダイアトニックコードだけでも、おしゃれな雰囲気が味わえましたね!

 

今回からは、ダイアトニックコードだけでは表現できない超おしゃれな世界「ノンダイアトニックコード」について解説をしていきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

ノンダイアトニックコードとは?

ノンダイアトニックコードとは、その名の通り「ダイアトニック上にはないコード」のこと。

さまざまな楽曲はダイアトニックコードを基本に構成されていますが、それだけでは物足りなくなることがあります。

 

そんな時、メジャースケール上にない音を登場させ、調性を一時的に変化させることで、さらなる世界観を作り出しているというわけです。

それこそが「ノンダイアトニックコード」。

 

ノンダイアトニックコードには色々な手法がありますが、まずは、その中の代表格「セカンダリードミナント」を見ていきましょう。

 

セカンダリードミナントとは?

セカンダリードミナントは、ダイアトニックコードのトニック以外に進行するコードのことです。

ドミナントモーションとは「V7→I」の動きのことを指していますが、それ以外のダイアトニックコードに対してもドミナントモーションを作り出すことができます。

 

ただし、2つの条件があります。

  1. トニック以外のルートを持つダイアトニックコードである
  2. 完全五度下(完全四度上)のコードに進行する

それをまとめた図がこちら。

これらをコード進行に組み込むだけで、一気におしゃれな世界が広がります。

 

セカンダリードミナントの解説記事セカンダリードミナントについて詳しく知りたい方は、下記の記事を見てみてください。

【ピアノ・キーボード】ノンダイアトニックの定番!セカンダリードミナント(基本編)

まえば

ここでは、すぐ実用していくための解説をしていきます。

 

セカンダリードミナントコードの押さえ方

では、それぞれのセカンダリードミナントコードの押さえ方と響きについて見ていきます。

 

基本的な押さえ方

それでは、実際にそれぞれのセカンダリードミナントの響きを聞いていきましょう!

I7 – IV

 

II7 – V

 

III7 – VIm

 

VI7 – IIm

 

VII7 – IIIm

 

セブンスコードを見つける時のコツ
  • メジャーセブンスは7度を半音下げて「b7度」にする
  • マイナーセブンスはb3度を半音上げて「3度」する
  • マイナーセブンス・フラットフィフスは「b3度」「b5度」を半音上げて「3度」「5度」にする

それぞれのコードの音程感覚を掴めるようになると、楽に見つけることができます。

 

転回例

次に、各コードの転回例を簡単バージョンで弾いてみました。

I7 – IV

 

II7 – V

 

III7 – VIm

 

VI7 – IIm

 

VII7 – IIIm

 

これらをコード進行の中に組み込んでいくと、一気に曲の雰囲気が変わりますよ!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

セカンダリードミナントは、世のポップスで使っていない曲はないのではないか?

と、思うほどの常套手段です。笑

次回は、実際にコード進行の中で使う方法と実例を解説していきます。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。

この記事のまとめ

  • ダイアトニックコード以外のコードを、ノンダイアトニックコードという。
  • 「セカンダリードミナント」はノンダイアトニックコードの代表格。一気に曲がおしゃれになる。
  • セカンダリードミナントとは、トニック以外のコードに解決するドミナントコードのこと。IV以外のコードをセブンスにできる。

その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する

コメントを残す