【6月限定】初心者向けコードセミナー開催!

【ピアノ・キーボード】おしゃれフレーズ入門③マイナーペンタトニック

 

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回は、メジャーペンタトニックスケールについて解説してきました。

【ピアノ・キーボード】おしゃれフレーズ入門②メジャーペンタトニック

 

今回は、メジャーペンタトニックとはまた違う雰囲気を持つ「マイナーペンタトニックスケール」について解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

マイナーペンタトニックとは?

マイナーペンタトニックスケールは、メジャーペンタトニックに同じく5つの音で構成されています。

 

ナチュラル・マイナースケールの2番目と6番目の音がないスケールですね。

マイナーペンタトニックスケールの特徴は、マイナーコードやセブンスコード上でも使うことができて、ブルージーな雰囲気が特徴です。

 

Aマイナーペンタトニックスケール

CメジャーペンタトニックとAマイナーペンタトニックを見比べてみましょう。

よく見ると、メジャーペンタトニックと同じ構成音になっています。

 

以前、Cメジャースケールと、Aナチュラル・マイナースケールは平行調(構成音が同じ)というお話をしましたね。

つまり、マイナーペンタトニックスケールは・・・

・マイナースケールの2番目と6番目の音がないスケール

とも言えますが、

・メジャーペンタトニックの6度の音を1オクターブ下げたスケール

と考えることもできます。

 

Cマイナーペンタトニックスケール

同じ要領で、Cマイナーペンタトニックスケールを見てみましょう。

 

Cマイナースケールは、Ebメジャースケールと同じ音構成でしたね。

Cマイナースケールの2度と6度を抜くとこうなります。

 

Ebメジャースケールの4度と7度を抜いた音にするとこちら。

 

Cマイナーペンタトニックスケールと同じ構成音になりました。

マイナーペンタトニックを見つけるコツ
  • マイナースケールの2度と6度の音がないスケール
  • 平行調のメジャーペンタトニック(ヨナ抜き音階)と同じ構成音

どちらの理解でも大丈夫です。

 

自分がわかりやすい方で覚えておきましょう。

 

聴き比べてみよう

では、メジャーペンタトニックとマイナーペンタトニックを聴き比べてみましょう。

今回は違いが分かりやすくなるように、12小説のブルース進行を用意しました。

 

メジャーペンタトニック

 

 

マイナーペンタトニック

 

うさぼんぬ

おお!渋いな。

 


メジャーペンタトニックは明るい印象、マイナーペンタトニックは渋い印象がありますよね。

この違いをしっかり理解しておきましょう!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

おしゃれフレーズの基礎となるメジャーペンタトニックとマイナーペンタトニックについて解説してきました。

メジャーペンタトニックを理解しておくことで、マイナーペンタトニックの理解もスムーズになります。

 

次回は、さらにおしゃれフレーズになる「ブルーノートスケール」について解説します。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • マイナーペンタトニックスケールは、ナチュラル・マイナースケールの2度と6度を抜いたスケール。
  • マイナーコードやセブンスコードの時に使うと効果を発揮する。
  • 平行調のメジャーペンタトニックと構成する音は同じ。

 

レッスンバナー

コメントを残す