【6月限定】初心者向けコードセミナー開催!

【ピアノ・キーボード】おしゃれフレーズ入門⑤ブルーノートの使い方

 

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

前回は、ブルノートスケールについて解説をしてきました。

【ピアノ・キーボード】おしゃれフレーズ入門④ブルーノートスケール

ブルーノートはペンタトニックをからめることで使いやすくなるというお話でしたね。

 

今回は、このブルーノートをさらにおしゃれに使う方法をご紹介します。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

基本的なブルーノートの使い方

前回、ブルーノートスケールの使い方は難しいと説明しました。

うさぼんぬ

とはいえ使いこなしたい…

というわけで、

ブルーノートとペンタトニックを絡めたフレーズの作り方について解説していきます。

 

メジャーペンタトニック+ブルーノート

「♭3度」から「3度」か「2度」に進行することで、ブルーノートらしく使うことができます。

 

「♭3度」から「3度」へすることで、陽気な雰囲気のフレーズにすることができます。

フレーズ例を聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

「♭3度→2度→1度」はメジャーペンタ+ブルーノートの王道フレーズです。

メジャーな雰囲気に、クールなサウンドを作ることができます。

ぜひモノにしておきましょう。

 

 

 

 

マイナーペンタトニック+ブルーノート

「♭5度」から「5度」か「4度」に進行することで、ブルーノートらしく使うことができます。

 

「♭5度」から「5度」に進行させると、ブルージーでありロックな「攻めた」雰囲気を出せます。

上記の考え方でつくったバリエーションを聞いてみましょう。

 

 

 

 

「♭5度→4度→♭3度」へ進行することで、よりクールなフレーズになります。

フレーズ例を聞いてみましょう。

 

 

 

 

うさぼんぬ

おお!どれもかっこいい!

まえば

他にも使い方はありますが、ご紹介したものが最も使いやすいと思います。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

ご紹介した内容はブルーノートを弾く時に、必ず押さえておいてほしいポイントです。

闇雲に使おうとする前に、上記の考え方でバリエーションを作ってみましょう。

 

次回は、これらをさらにおしゃれにする「技」を紹介していきます。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • メジャーペンタトニック+ブルーノートを使うとき、「♭3度」から「3度」か「2度」へ進行するフレーズにする。
  • マイナーペンタトニック+ブルーノートを使うとき、「♭5度」から「5度」か「4度」へ進行するフレーズにする。

 

レッスンバナー

コメントを残す