公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/初級⑤sus4の基本

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

 

前回は、「sus2」の基本的な使い方について解説しました。

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/初級④sus2の基本

たった1音が変わるだけでおしゃれな雰囲気に近づきましたね。

 

今回は、「sus4」の基本的な使い方について解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

sus4とは?

「sus4」とは、トライアドの3度の音を4度にスライドしたコードです。

 

 

「sus4」最大の特徴は4度の音です。

キーの中で不安定な響きを持つ音なので、安定を求めて3度に行きたくなる性質があります。

うさぼんぬ

確かに落ち着かない響きだな。

 

 

sus4もsus2同様、ダイアトニック上で使えるコードと使えないコードがあります。

sus4の条件は2つ。

  • 構成音が「ルート・完全4度・完全5度」であること
  • 4度はメジャースケール上の音であること

 

 

この条件で見てみていくと、IVの「F」(4度がメジャースケール上にない)と、VIIm(b5)の「Bm(b5)」(完全5度がない)は除外されます。

それ以外の5つのコードでsus4が使えるということになります。

まえば

「IVsus4」は使えないわけではないですが、今回は除外します。

 

sus4の転回形を聞いてみよう

では、sus4の転回形の響きを聞いていきましょう。

4度→3度の動きに注目して聞いてみてください。

※今回は、コード上で敢えて「sus4」表記をしていません。

 

基本形

 

コードに動きが加わったことがわかりますね。

 

第一転回形

 

基本形よりやや明るい雰囲気を感じます。

 

第二転回形

 

トップノートが動いていることで、他の転回形よりメロディアスな響きになっています。

 

sus4を使った実例

では、実際にコード進行の中で演奏してみましょう。

 

「sus2」「sus4」を加えて、コードに動きを持たせてみました。

途中コードを転回させたりすることで、雰囲気の変化がよりわかりやすくなりましたね。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

「sus2」「sus4」とは、3度の音を動かすだけのコードです。

シンプルですが、ご紹介したような使い方で響きに動きを加えることができます。

ひとつだけ注意したいのが、使いすぎると歌やメロディーの邪魔になってしまいがち。

メロディーを聴きながら、要所で使ってあげるとよいでしょう。

 

次回は「sus2」「sus4」を使ったおしゃれテクニックについて解説します。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • sus4とは、トライアドの3度を4度にスライドしたコード。
  • ダイアトニックトライアドの中で、sus4として使えるコードは「IV」「VIIm(b5)」を除く5つ。
  • sus4の4度は3度に行きたい特性を持つ。使う際はセットで使ってあげると効果的。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す