公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/初級③トライアドのオンコード

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

 

前回はダイアトニック・トライアドについての解説でした。

【ピアノ・キーボード】おしゃれコードマスター!/初級②ダイアトニック・トライアド

ダイアトニックコードの3和音をマスターしておくことで、4和音以上の理解がスムーズになるというお話しでしたね。

 

今回は、ダイアトニック・トライアドのオンコードについて解説していきます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

オンコードとは?

オンコードとは、分数コードのこと。

「〇/〇」や「〇on〇」のように表記して、ベース音を指定したコードのことです。

まえば

別名スラッシュコードとも呼びます。

コードCの場合、構成音は「ド・ミ・ソ」でルートは「ド」ですが、

ルートを「ミ」や「ソ」にしたり、他のルートに変更することができます。

 

代表的な使用例

では、具体的なオンコードの方法をみていきましょう。

それぞれどのような効果があるのかもチェックしてみてください。

 

1、転回形

前回解説した「転回形」は、コードの構成する音を並び替えたものと解説しました。

 

本来の転回形は、並び替えたときに一番下の音をルートとして使うと考えられていたそうです。

現代のポップスではそのように考えることの方が少ないので、構成音の中からベース音にすると考えておけば問題ないでしょう。

 

 

ダイアトニックコードを一覧でまとめるとこのようになりますね。

ルート I IIm IIIm IV V VI VIIm(b5)
1度 C Dm Em F G Am Bm(b5)
3度 C/E Dm/F
(F6)
Em/G
(G6)
F/A G/B Am/C
(C6)
Bm(b5)/D
(Dm(b5))
5度 C/G Dm/A Em/B F/C G/D Am/E Bm(b5)/F
(Fm(b5))

ここでは詳しく触れませんが、表のようにルートが変わることで別のコードと同じ構成音になるものがあります。

 

2、ペダルポイント

ペダルポイントとは、コード進行の中である音をキープする手法です。

 

 

右手のコードは変化していますが、左手をキープすることでまったく別の雰囲気を作りだすことができます。

 

3、ドミナント置き換え

ダイアトニックコードにおける5番目のコードは「ドミナントコード」とよばれます。

ドミナントコードを、「IV/V」や「IIm/V」に置き換えることで、通常のドミナントモーションとは違った雰囲気を作り出すことができます。

 

ポイント

ドミナントからトニックに行きたくなる理由は、V7(ドミナント)が持つ三度と七度の響きの不安定さにあります。

 

この3度と7度の音程のことを「トライトーン」と呼びます。

トライトーンは、トニックの主音と3度に進行することで強い解決感が得られます。

 

 

まえば

曲によっては、ドミナントの7度の音が省略されて三和音で演奏されることもあります。

 

では、実際のドミナント代理のオンコードをみていきましょう。

IV/V

 

IIm/V

 

 

まえば

「サブドミナント/ドミナント」と考えておくとよいですね!

 

オンコードをフルに使った実例

では、ここまで紹介したオンコードの方法を使って、コード進行を演奏してみましょう。

 

 

たったこれだけでも奥行きのある雰囲気が作り出せましたね。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

現代のポップスにおいて、オンコードは欠かせないテクニックです。

オンコードは、使い方によって複雑な響きを作り出すことができる手法でもあります。

これだけでもまったく違う演奏にすることができるので、しっかりマスターしておきましょう!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • オンコードとは「〇/〇」や「〇on〇」のように表記して、ベース音が指定されたコードのこと。
  • コードは同じでもベースを変えるだけで、まったく別の雰囲気することができる。
  • オンコードの代表例「転回形」「ペダルポイント」「ドミナント代理」はよく使うので押さえておこう。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す