【6月限定】初心者向けコードセミナー開催!

【あるある】楽器や機材の物欲をおさえる方法

こんにちは。キーボーディストのまえばよしあき(@maebayoshiaki)です。

日曜なのでまったりコラムです。

 

うさぼんぬ

なんでついつい機材を買ってしまうのか・・・?

ミュージシャンあるあるなのですが、設備投資と銘打って機材を買いまくってしまうことがあります。

まえば

ぼくもそのひとり・・・

 

一言で「機材」といっても、こんなものがあります。

  • 楽器本体
  • 消耗品(ギターの弦・ドラムのスティックなど)
  • オプション機材(スピーカー・ヘッドフォン・ケーブル・エフェクター類など)
  • プラグインソフト(DTMer向け)
  • その他関連するもの(デスクやイスなど)

あげだすとキリがないんですが、納得した買い物の直後に機材を買い足す&買い換えるなんてザラ。

機材を買うことが悪いわけではないのですが、なぜミュージシャンは機材を買うのでしょうか?

 

今回は自戒を込めて・・・・物欲に関して整理していきたいと思うます。

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

ミュージシャンはなぜ機材を買うのか?

考えられる理由をあげてみました。

1 もっといい楽器がほしい

「必要」と紙一重なのですが、理由の多くはこれに当てはまると思います。

「こないだこれ買ったんだけど、アレもよさそうだな」と思った経験ありませんか?

まえば

ぼくはめちゃくちゃあります!笑

ただ、もっといい楽器の定義って曖昧ですよね。。

 

2 広告が魅力的

最近はYoutubeやSNSの映像広告がとても魅力的ですよね。

その姿に自分を重ねて、「こんな風になれたらいいな」「こんな音出せたらいいな」と考えたこともあるのではないでしょうか?

 

3 売買がカンタンになった

ネットショッピングが主流になって、いつでも・だれでも・手軽に買えてしまいます。

メルカリなどで安く出品されているのを見つけたら、ついマークしてしまうことも・・・

また、購入後「なんか違う」と思ったら、メルカリなどでカンタンに売れてしまいます。

買値と売値の差額もレンタル代と考えたら安いもの、と考えがちな気がします。

 

4 存在に満足

楽器に囲まれているだけで満足してないですか?

根拠のない「いつか使うかも」に引きずられてないですか?

あるだけで全く使わず埃をかぶっている楽器はありませんか?

うさぼんぬ

うぅ・・・

 

5 買うことが目的になっている

楽器や機材をリサーチしているうちに、目的が「買うこと」にすり替わっていることがあります。

「自分に必要な楽器を買おう!」ではなく「ネットショッピングが楽しい」になっている。

結構多いのではないかなーと思います。

まえば

自分もです。

 

ミュージシャンの物欲をおさえる5ステップ

これらの物欲をおさえる対策を見ていきましょう。

ぼくが実際にやってみて効果があったものです。ひとつずつ見ていきます。

1 手持ちの機材を棚卸しする

まず最初に、今自分が持っている機材を全て書き出しましょう。

楽器や付随する機材、関連するもの全て書き出すとよいです。

ケーブルであれば長さや本数まで、できるだけ細かく書き出します。

まえば

まず自分の現状を知りましょう。

 

2 使っているものと使っていないものに分ける

それぞれの楽器や機材を使っている頻度で分けます。

  1. メインで使う
  2. よく使う
  3. たまに使う
  4. あまり使わない(3ヶ月以上)
  5. 全然使わない(半年以上放置)

こんな風にランク付してみます。

 

3 先に手放す

ここでまず、不要な機材は先に手放してしまいましょう。

まえば

ぼくは上の4と5を、思い切って放しました。

リサイクルショップなどに持っていくのもいいですし、メルカリ・ヤフオクなどのフリマサイトで売ってもよいと思います。

売れなさそうなものでも、ジモティーはただで引き取ってくれる人がいるのでオススメです。

まえば

できるだけゴミにならないようにしたいですね!

 

4 購入予定のモノが必要な理由を書き出す

今買おうと思っている楽器・機材の購入する理由を書き出してみましょう。

衝動だけで買おうとしていると、ほとんど理由が浮かばないと思います。笑

 

5 1週間時間を置く

ここまでのステップで書き出したものは、一度放置します。

うさぼんぬ

売り切れちゃったらどうするんだ?

まえば

そしたらその楽器とは縁がなかったってことだね。

うさぼんぬ

・・・

1週間くらい経つと衝動がおさまって冷静になっているので、自分の物欲を客観的に眺めることができます。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

「カンタンに手に入る」「カンタンに売れる」など便利な世の中になりましたが、便利になった分、モノとの付き合い方は考えたいもの。

「モノ」は持っているだけで、判断力が使われてエネルギーが低下するという研究もあるそうです。

物欲に悩んでいる人がいれば、今回紹介した内容を試してみてください。

参考になれば嬉しいです。

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • 魅力的な広告が増え、売買もカンタンになったのでついつい手を出してしまいがち。
  • 買うことや所有することが目的になってしまいがち。
  • 手持ちの機材を紙に書き出して棚卸しする。
  • 不用品はとっとと手放す。
  • 購入前に冷却期間を設ける。

 

レッスンバナー

コメントを残す