公式LINEオープン記念キャンペーン中!

【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!②

 

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナー

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナーはこちら

 

前回は、伴奏で歌を引き立たせるフィルインとは何か?を解説してきました。

【ピアノ弾き語り】フィルインフレーズをマスターしよう!①

 

今回は、実際にプロも使っている実践的なフレーズについて解説をしていきます。

 

うさぼんぬ

この記事ではこんなことがわかるぞ。

add9(基本形)を使ったフィルイン

add9コードの押さえ方をおさらいしておきましょう。

add9基本形

 

なぜadd9なのかというと、9thという音はルートと3度を繋ぐ役割をしてくれるからです。

この1音が加わるだけで、メロディー的な要素も加えることが可能になります。

 

実際にフィルインで音使いを見ていきましょう。

以降は「add9」の表記は削除します。

ご紹介する内容は【I・IIm・IV・V・VIm】の時に使えるという認識で読み進めてください。

 

弾き方

ポイント!

各コードの5度の音を一緒に弾くことで、和音感を損わないフィルインにすることができます!

 

ポイントは小指はできるだけ押さえたままにしておくこと。

 

最初は指づかいが難しいかもしれませんが、この形は比較的カンタンに指が慣れると思います。

 

バリエーション①

 

うさぼんぬ

これだけでもいい感じだな。

まえば

だよね。基本形で使える形なので、今すぐ取り入れられて便利だよ!

 

バリエーション②

 

バリエーション③

 

 

 

add9(第二転回形)を使ったフィルイン

第二転回形もおさらいしてみましょう。

add9第二転回形

 

弾き方

ポイント!

コードの5度の音を親指で弾きます。

 

基本形と同様、できるだけ親指を押さえたままにしておくこと。

3・4・5の指が動かしづらいと思いますが、少しずつ慣れていきましょう!

まえば

2・3・4の指使いにしないのは、コードチェンジをしやすくするためです。

実際に弾いてみるとわかりますが、2・3・4だと次のコードが弾きづらくなってしまいます。

バリエーション①

 

バリエーション②

 

バリエーション③

 

全てをミックスして弾いてみると・・・

このような形になります。

 

うさぼんぬ

おお!伴奏が別モノのようだ・・・

まえば

そうなのです!「add9」というコードは使いやすく魅力的な響きをもったコードだよね。ぜひマスターしよう!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

「add9」というコードの持つポテンシャルを感じていただけたのではないでしょうか?

今回紹介したものはごく一部。

これにリズムの変化を加えるだけでさらに豊かなフィルインを作りだすことができます。

まずは、ご紹介した内容を取り入れてみてください!

 

うさぼんぬ

まとめるぞ。
  • 5度の音を同時に鳴らすことで、和音感を損なわないフィルインにすることができる。
  • 同じ音使いでも、リズムの変化で無限にパターンが作りだせる。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

登録で体験レッスン無料!

今すぐ登録する


その練習、自分に合ってますか?

3ヶ月でひとつ上のサウンドに導くピアノ・キーボードレッスン。60分体験レッスンで今のあなたに必要なものがわかります。

体験レッスン無料

さらに、入会金今だけ0円!

コメントを残す