ポップスはこれがないと始まらない!このふたつを装備せよ。

キーボーディストのマエバヨシアキ(@maebayoshiaki)です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

さて、今日のお話しは

ポップスはこれがないと始まらない!このふたつを装備せよ。

というテーマでシタタメていきたいと思います。

最初にお断りしておくと「装備」といってもアイテムとか道具の話ではないです。笑
#期待してたらごめんなさい

RPGノリでスタートしましたが、
ようするに「これから乗り越えていく試練に、このふたつなくして乗り越えらえないよね」って話です。
#ピンとこない人ごめんなさい

FF6でいうなら、
ケフカ倒すのに「バリアントナイフ」と「アルテマウエポン」は欠かせないよね、みたいな。
#わからないひとごめんなさい

ようは、「ポップスを演奏するためにマストなやつ」ってことです。
#雑にまとめました

ポップス演奏したいんだったらこれだけは知っておこう!

過去にもお話していることではありますが、
ポップスは「コード」ありきで曲が作られていて、いろんな現場でも「コード」ありきでコミュニケーションされます。

「コード」はもちろん「コード」を構成している「メジャースケール」や「キー」といった話は、もはや前提知識なわけです。
#知っててあたり前と思われてる
#知らないほうがおかしいと思われてる

ということは。

「コードトーン」と「メジャースケール」なしで、ポップスの海は渡れません。

え、

「コードトーン」と「メジャースケール」があればポップスの海渡れちゃうってこと?
#逆説的発想
#ポジティブ思考

特にJ-POPは比較的わかりやすい曲が多くて、
曲中の7-8割は「コードトーン」と「そのキーのメジャースケール」で成立してます。
#曲によっては10割
#最近の曲はちょっと難しい

ということは、
【「コードトーン」と「メジャースケール」を装備(=習得)しない理由はない】わけです。

なんとなく「必要なんだな」と思ってくれたらうれしいです。

コードトーンとメジャースケールがマストな理由

次に、「コードトーン」と「メジャースケール」がポップス(に限らず)でどういう風に曲で使われているかについてお話します。

コードトーン

「コードトーン」とは、
「ルート(ベース)」を含み、「メロディー」との間を埋めてハーモニーをつくってくれる音たちののことです。
メロディーの音は「コードトーン」の音のどれかが多いっていうのもポイントですね。

そのコードのときに、そのコードトーンをぱっと鳴らせる能力があればバッキングができちゃいます。
#当然ですよね

メジャースケール

「メジャースケール」はそのキーを定めている7つの音です。
#7つの〇〇ってなんかいいですよね

そのキーを作っている音たちなので、【使っていい音たち】ということですね。

この使っていい音たちを使うこと、こんなことができるようになります。

  • メロディーを作ることができる
  • ソロを作ることができる
  • アドリブが取れるようになる
  • オブリガートを作ることができる
  • リフを作ることができる
  • 各楽器のアレンジ(内声の動きなども含む)ができる
  • ベースラインを作ることができる

ということは?

「メジャースケール」と「コードトーン」があれば、演奏の基本はおさえられたも同然ということですね!^O^
#例外はあります

まとめると

このふたつの装備をもって、普段聞いている曲を聞き返してみましょう!

「コードトーン」と「メジャースケール」で曲が構成されていることに気づけるはず。
複雑に聞こえるピアノ即興演奏も、分解してみていくと実はシンプルだったりします。
コードを転回させたり、メジャースケールでオブリガートを入れたり、しているだけだったり。
「なんだこの音?」というものもでてきますが、その時に新しく覚えていけばよいです!

経験値も溜まってレベルがあがったら、より強い武器を手に入れるという感覚ですね!
#ピンとこない人ごめんなさい

音楽が複雑に聞こえるのは、
音色だったり、装飾的なFXだったり、リズムトラックの作り方だったりで、
そういう風に聞こえるようにアレンジしているからでもあります。

鳴らしている音だけでみれば、そこまで複雑ではない曲もたくさんありますよ!(^O^)

というわけで、

ポップスはこれがないと始まらない!このふたつを装備せよ。

についてシタタメてみました。

わかってしまえばびっくりするくらい簡単です!
ちょっとでもコードやスケールに対する苦手意識がなくなったら嬉しいです。

「メジャースケール」と「コードトーン」について
めちゃめちゃわかりやすい体験レッスンやっているので、興味があればのぞいてみてください(^O^)/

LESSON

それでは、今日もよい1日をお過ごしください。

コメントを残す