コードを勉強する前に知っておくとよいこと

キーボーディストのマエバヨシアキ(@maebayoshiaki)です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

さて、今日のお話しは

コードを勉強する前に知っておくとよいこと

というテーマでシタタメていきたいと思います。

+++

「コードはわかるのだけど、実践でどう使えばよいかわからない」という質問をよくいただきます。

コードの押さえ方(=ボイシング)を覚えるのもひとつの手段ですが、
「覚えてはみたものの使えない・・・」というのが実情のようです。

そんなときは!(^O^)/

コードを使う前に、前提知識として「音楽の基本要素」を押さえておくとよいと思います!

バンド・セッション、弾き語りやソロピアノ、DTMのアレンジにまで通ずる基本的な考え方です。

音楽を構成する三大要素

音楽には、音楽として成り立たせる三大要素といわれるものがあります。

  • メロディー
  • ハーモニー
  • リズム

ですね。

例えばバンドの場合、
メロディーを担うのはボーカルだったり、歌のない場所ではリードパート(ギター・サックス・キーボードなど)がありますよね。

メロディーは「単音」ですから、それだけでは音楽として成り立ちません。
また、メロディーとは「単音」にリズムに合わせて鳴らしてメロディーになっています。

いずれにせよ、「メロディ」と「リズム」だけでは音楽を構成することはできません。
#アレンジとして成立してるものはあります

そこで!

メロディーに対して、きれいな響きをつくりだす「ハーモニー」の登場です。

バンドなら、ギター・ベース・キーボードなど、音階を持つ楽器が「ハーモニー」をつくる担当になります。

ハーモニーを構成する要素

では、ハーモニーを分解していくのですが、ここで「コード」の登場です。

コードは3種類ある

まず、コードは和音の数で3種類に分類できます。

  • 三和音(トライアド)
  • 四和音(テトラッド)
  • テンション

つまり、【三和音がハーモニーを構成する最低限の和音ということ】になりますね。
#四和音以上はまた別の機会に

和音を構成する要素

次に、「三和音」の構成音をみてみます。

  • ルート(Root)
  • 3度(3rd)
  • 5度(5th)

これらが、ハーモニーとして成り立たせるための最低限の構成音です。

「ルート」は基本的にベースラインに相当します。
この「ルート」に3度や5度の音がくっついて、「ハーモニー」になっていくわけです。
#よいアレンジはそれぞれの音がバランスよく鳴るようにつくられています

ここまでの話から、
【「コード」という記号には「ハーモニー」を作り出すための情報が詰め込まれている】ことがわかります。

音符で書かない理由

ではなぜ「音符」でなく「コード」なのか。

「コード」はジャズから生まれたものと言われていますが、
【演奏に必要な最低限の情報に絞ることで、自由度の高いライブ感のある音楽が実現】できるからです。

プレイヤーの能力や個性に左右されますが、
自由なアレンジが作れるようになったり、誰でも気軽に音楽を自由に楽しめるようになったり。

まさに世紀の大発明といえます!(^O^)/

まとめると

【「コード」や「音符」は、音楽を鳴らす&表現するために使う道具のようなもの】なのです。

「メロディー」に対して必要なハーモニーを鳴らすために、コードという「道具」を使っていると言い換えられます。

コードを覚えるとは、この「音を鳴らすための道具の使い方を覚える」ということ。
覚えることと、使い方を両面から学んでいくと、コードの見え方がちょっと変わるかもしれません。

参考になったら嬉しいです😊

というわけで、

コードを勉強する前に知っておくとよいこと

についてシタタメてみました。

それでは、今日もよい1日をお過ごしください。

コメントを残す