【大好評】弾き語りにも使えるピアノ伴奏のはじめ方

【ピアノ弾き語り】伴奏の作り方/シャッフルビート②:応用パターン

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナー

【ピアノ弾き語り伴奏】初心者入門コーナーはこちら

弾き語りをはじめたい方に向けて初心者向けコーナーを作ってみました。

 

前回はシャッフルリズムの基本になる「ハネ」の出し方について解説してきました。

【ピアノ弾き語り】伴奏の作り方/シャッフルビート①:伴奏の基本

 

今回は、さらにノリを出す方法をシャッフルビートについての解説です。

この記事ではこんなことがわかるぞ。

うさぼんぬ

シャッフル伴奏をノリノリにする方法

これからご紹介する方法は、ミドルテンポからアップテンポの曲で活用できる方法です。

陽気で賑やか、ノリノリな雰囲気がでる奏法なので、ぜひご活用ください。

 

1、左手でバスドラムとスネアを表現する

8ビートの記事でも、左手でリズムを表現する方法について解説しました。

【ピアノ弾き語り】8ビートのピアノ伴奏の作り方

 

 

シャッフルビートでも、この考え方が使えます。

 

ポイントは「左手小指でベースをキープ」「左手親指で2拍目・4拍目を鳴らす」ことです。

よしまる

左手親指がスネアの役割になりますね。

これがシャッフルのリズムの土台になります。

 

2、右手の分散型を使ってリズムの合いの手を入れる

次に、右手を加えていきます。

シャッフルビートの場合、右手は積極的に分散型を使っていくことでリズムが表現しやすくなります。

 

16ビートの回でご説明した「パラディドル」の考え方がここでも活きてきますね。

【ピアノ弾き語り】16ビートのピアノ伴奏の作り方(1:基本リズム)

 

3、応用アレンジ

2のパターンをちょっと変化させだけでも、こんな風にリズムに変化させることができます。

 

おお!でも、ややこしそうだな。。

うさぼんぬ

よしまる

分散型を入れる場所を変えているだけなので、わかってしまえば難しくないよ!

 

シャッフルのリズムトレーニング方法

パターンがわかったところで、しっかりシャッフルさせるための練習方法の解説です。

シャッフルに限らず活用できるリズムトレーニングをご紹介します。

 

1、メトロノームが2拍目・4拍目に来るように鳴らす

 

  1. 練習するテンポの半分(BPM=120の曲であればBPM=60)で鳴らす。
  2. メトロノームが2拍目・4拍目で聞こえる状態にする。
  3. メトロノームを聞きながら(感じながら)練習する。

よしまる

スネアドラムを感じるように練習してみましょう!

 

2、メトロノームがウラ拍になるように鳴らす

 

  1. 練習するテンポでメトロノームを鳴らす。
  2. メトロノームがウラ拍で聞こえる状態にする。
  3. メトロノームを聞きながら(感じながら)練習する。

かなり難易度が上がるので、ゆっくりのテンポから始めるといいでしょう。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

16ビートのときと異なるのは、やはり「ハネている」ことです。

16ビートでできていたパラディドルが、ハネた途端できなくなるというのはよくあります。

ご紹介した方法で練習に励んでみてください!

 

まとめるぞ。

うさぼんぬ

  • 左手のオクターブをバスドラムとスネアに見立てて弾いてみよう。
  • 分散型の入れ方を変化させるだけで、いろんなパターンが作れる。
  • メトロノームを「2拍目・4拍目に鳴らす」「ウラ拍に鳴らす」で練習することで、よりシャッフル感が掴みやすくなる。

超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

今すぐ登録する

コメントを残す