【完全版】初心者のためのピアノ伴奏の始め方

【ピアノ弾き語り】シャッフルビートのピアノ伴奏の作り方

弾き語りにも使えるピアノ伴奏・コードアレンジまとめ【保存版】
シャッフルって難しいよな。

頑張ってハネようとするとわざとらしくなるし、カッコよくならないんだ。

何かコツとかあるのか?

うさぼんぬ

こんにちは。キーボーディストのよしまる(@440keyboard)です。

今回はこのお悩みについて解説していきます。

この記事ではこんなことがわかります。

  • シャッフルビートを実践的な伴奏にする方法がわかる
  • ハネたリズムが苦手な人の練習方法がわかる
  • バンドキーボードやセッションでも活用できる

よしまる

シャッフルとは、日本では「ハネたリズム」ともいわれます。シャッフルの基本から伴奏の作り方、練習方法まで解説していきます!

シャッフルのリズムの基本

まず、シャッフルビートについておさらいをしておきましょう。

【バンド・弾き語りで使える】ピアノ伴奏の作り方(リズムパターン編)

シャッフルビートは、三連符を基本としたリズムが特徴。

「シャッフル」とは3連符の真ん中を抜いた「タッタ タッタ」というリズムのこと。

ブルースで最も基本となるリズムですね。

シャッフル・ビートの特徴
  • 「シャッフル」でハイハットやライドで刻むことが多い
  • スネアは基本的に2拍目と4拍目を叩く
  • ブルースならではの気怠さやルーズ目のビートが特徴
  • キックやスネアも「タッタ タッタ」のリズムに合わせて配置

パターン①

パターン②

パターン③

よしまる

軽快で陽気な雰囲気ですね!


それでは、シャッフルのハネたリズムの正体を見ていきましょう。

シャッフルの伴奏は実はとてもシンプルだったりします。

その理由はリズムをハネさせればよいから。

よしまる

この「ハネる」のが難しいのですが・・・

シャッフルの肝は「ウラ拍」にあります。

8分音符

1拍3連符

シャッフル

3連符の3つ目の音がシャッフルでの「ウラ拍」にあたります。

そして、この「タッタ タッタ」というリズムを「ハネる」と言います。

踏まえて、2つのパターンをお聞きください。

後者は左手の4拍目に裏拍を入れただけですが、シャッフルの感じがでましたね。

シャッフルだからといって、手数(弾く音の数)を極端に増やす必要はないのです。

シャッフルの代表的な伴奏パターン

では、ここまでの話を踏まえて、基本的なシャッフル伴奏をご紹介します。

1、デイドリームビリーバー風分散和音

デイドリームビリーバーのピアノアレンジでもお馴染みのパターンですね!

2、左手ウラ拍でノリを出す

左手のウラ拍を増やしたものです。シャッフルしてますね。

3、分散和音と左手ウラ拍ミックス

1と2をミックスしたパターンです。

ミックスされたことでワンパターンな印象が薄くなりましたね。

シャッフル伴奏をノリノリにする方法

では実際にシャッフルビートの伴奏の作り方をみていきます。

ミドルテンポからアップテンポの曲で活用できる方法です。

「陽気で賑やか」「ノリノリな雰囲気がでる」奏法なので、ぜひご活用ください。

1、左手でバスドラムとスネアを表現する

8ビートの記事でも、左手でリズムを表現する方法について解説しました。

【ピアノ弾き語り】8ビートのピアノ伴奏の作り方

シャッフルビートでも、この考え方を左手に応用することができます。

ポイントは「左手小指でベースをキープ」「左手親指で2拍目・4拍目を鳴らす」ことです。

よしまる

左手親指がスネアの役割になりますね。

これがシャッフル伴奏の土台になります。

2、分散型とシンコペーションでノリを出す

次に、右手を加えていきます。

シャッフルビートの場合、右手は分散型やシンコペーションを使っていくとリズムが表現しやすくなります。

16ビートの回でご説明した「パラディドル」の考え方がここでも活きてきますね。

【ピアノ弾き語り】16ビートのピアノ伴奏の作り方(1:基本リズム)

3、応用アレンジ

2のパターンをちょっと変化させだけでも、こんな風にリズムに変化させることができます。

おお!でも、ややこしそうだな。。

うさぼんぬ

よしまる

分散型を入れる場所を変えているだけなので、わかってしまえば難しくないよ!

シャッフルのリズムトレーニング方法

パターンがわかったところで、シャッフルの練習方法を解説していきます。

シャッフルに限らず活用できるリズムトレーニングなので、ぜひ普段の練習にも取り入れてみてくださいね。

1、メトロノームが2拍目・4拍目に来るように鳴らす

  1. 練習するテンポの半分(BPM=120の曲であればBPM=60)で鳴らす。
  2. メトロノームが2拍目・4拍目で聞こえる状態にする。
  3. メトロノームを聞きながら(感じながら)練習する。

よしまる

スネアドラムを感じるように練習してみましょう!

2、メトロノームがウラ拍になるように鳴らす

  1. 練習するテンポでメトロノームを鳴らす。
  2. メトロノームがウラ拍で聞こえる状態にする。
  3. メトロノームを聞きながら(感じながら)練習する。

かなり難易度が上がるので、ゆっくりのテンポからはじめてみてください。

ピアノ・キーボードのリズム感がない人|特徴3選と鍛え方

この記事のまとめ

それでは、この記事のまとめです。

この記事のまとめ
  • シャッフルとは3連符の真ん中を抜いた「タッタ タッタ」というリズム。コツは、3連符3つ目のウラ拍にある。
  • 1小節で一箇所ハネさせるだけでもシャッフル感がでる。
  • 分散型の入れ方を変化させるだけで、いろんなパターンが作れる。
  • メトロノームを「2拍目・4拍目に鳴らす」「ウラ拍に鳴らす」で練習することで、よりシャッフル感が掴みやすくなる。

シャッフルは、リズムが難しいビートです。

まずは3連符の感覚をしっかりと身につけましょう。

シャッフルの感覚が掴めると、16ビートのシャッフルにも応用できます。

こちらの記事も参考にしながら、伴奏の幅を広げてみてください!

【ピアノ弾き語り】16ビートのピアノ伴奏の作り方(2:実践的なアレンジ)

【ピアノ弾き語り】シェイクビートのピアノ伴奏の作り方


超実践的なメソッド配信!

登録者限定ピアノレッスン、セミナー資料プレゼント、キャンペーン情報など。ブログには書かないおトクな方法をお届け。

バンド・セッション・弾き語り・ソロピアノまで、幅広く使える「オシャレ」で「超実践的」な独自メソッドを知るチャンス!

今すぐ登録する

コメントを残す