未分類

キーボーディストはトランスポーズを使ってはいけないのか?

こんにちは。マエバ(@maebamusic)です。

先日ツイッターでこんなアンケートをとってみました。

全体的に賛成派が多数という結果になりました。
個人的には完全反対の人がいなかったのが意外でしたね。

元々僕はトランスポーズ否定派(かっこ悪いと思っていた派)だったことんです。

尊敬していたキーボーディストの方に
トランスポーズなしで演奏できないのにキーボーディストっておかしくない?」
と言われたこともあります。

キーボーディストたる者、自在に演奏できないのはただの逃げと思うようになっていました。
そのおかげで今では全キー演奏可能になったわけですが・・・

しかしながら、DTMをやり始めてみると、依頼に応じてキー調整をすることもしばしば。
もはやなくてはならない機能であると考え始めたのがきっかけです。

僕の見解

まず僕の見解からお伝えします。

基本的に、演奏ではトランスポーズは使用しません。
移調が必要な場合も、正しいキーに移調して演奏します。

ギタリストのカポタストのはめ忘れのように、設定ミスや漏れによるアクシデントがこわいのが一番の理由です。

トランスポーズを使用してないわけでも、否定しているわけでもなく、
使うなら同時にリスクも想定して使うのがよいと思っています。

ただ「どうしてもこのフレーズを曲のこの部分で使いたい!」いうときは限定的に使用するケースはあります。
表現の手法として使用するケースですね。

それ以外では前述の通り、DTMでキーの調整依頼受けた場合など、曲全体にかけることがあります。

トランスポーズのメリット・デメリット

そもそもメリット・デメリットを区分するものでもないと思うんですが、
考えうるものを挙げてみます。

トランスポーズを使うメリット

  • 一つのキーが演奏できればすべてのキーが演奏できる
  • DTMで完成したアレンジでも簡単に移調できる
  • キー特融のアプローチを他のキーでも使える(半音ひっかけなど)

トランスポーズを使うことによるデメリット

  • トランスポーズが前提の演奏になる(トランスポーズ機能がないと演奏できない)
  • 響きに違和感を感じる(絶対音感の人は特にある模様)
  • 移調し忘れもしくは戻し忘れによるミスが起こりえる

などなど。
一例ですが、こういった考えができますね。

トランスポーズに対する見解

ツイッターで実際に上がった声をご紹介します。

ライブあるあるですね。

ライブでトランスポーズ設定やカポタストによるミスはよくあります。
人間なのでうっかりはありますが、大事な場面を台無しにしてしまう原因にもなりますね。

最近の僕の考えに近い考えだと思いました。

 

これはとてもクリエイティブなご意見ですね。

おっしゃる通り、トランスポーズは特定のキーに別のキーを設定するということです。
キー配列を変更することで新しいサウンドの探求になるかもしれません。

この考え方はなかったので新鮮でした。

 

ごもっとも!個人がやりやすい奏法を取るのが一番ですよね。

確かに転調が入ると曲がややこしくなるイメージです。

 

使わない方がカッコいいは僕も全く同感です。
そして、トランスポーズで演奏するのに違和感があるのも否めないですね。

 

こちらも合理的に活用すれば◎だが、ライブはリスクがあるという考えですね!

 

回答いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

まとめ

まとめると、
トランスポーズという機能を、適材適所で有効に使用できるのであればよいという声が優勢かと思いました。

プレイヤーを目指すのであれば、当然色んなキーに対応できねばなりません。
ひとつのキーしか演奏できないことは自分の可能性を狭めることにもなります。

いろんな視点があって面白かったですが、
最近は以前より寛容になったのかなという印象です。

普段あまり意識しないことかもしれませんが、
使い方について考えるきっかけになったらうれしいです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!