大人のコード・スタディ

ゼロからはじめる「大人のコード・スタディ」 – #10 コード進行の基礎を学ぼう②

こんにちは。マエバ(@maebamusic)です。

前回は、ダイアトニック・コードの役割と主要三和音についてお話をしました。

前回のおさらい
  • ダイアトニックコードにはそれぞれに役割がある
  • トニックは「安定」で最も基準になるコード
  • ドミナントはトニックに対して「不安定」、ドミナントはトニックに行きたくさせる
  • サブドミナントは「やや不安定」、どちらとも言えない感じ
  • トニック・ドミナント・サブドミナントで「主要三和音」と呼ぶ

というお話をしました。

うさぼんぬ
うさぼんぬ
難しくなってきたけど、ぼんやりわかってきた気もする・・・
文字だけではなかなか理解が難しいよね!他のコードの役割を見てみて、どうやって曲に発展していくのかを感じていこう!

今回は、ダイアトニックの他のコードの役割を見ていきましょう。

「代理コード」という考え方

では、他のダイアトニックコードにはどんな役割があるのでしょうか。
それは構成音に秘密があります。

まずこちらを見てください。

4度メジャーセブンスを構成する3つの音が、2度マイナーセブンスと同じです。
つまりこの二つのコードは似ている響きを持っているということです。

このことから、4度メジャーのコードを使う時に2度マイナーを代わりに使うと違和感なく使えます。

この代わりに使えるコードのことを「代理コード」と呼びます。

 

同様に他のコードを見て見ましょう。

「3度マイナーセブンス」と「6度マイナーセブンス」は「1度メジャーセブンス」の構成音をそれぞれ三つずつ含んでいます。
このことから、1度メジャーのコードを使う時に、3度マイナーと6度マイナーは違和感なく使えるということです。

 

5度セブンス(ドミナントコード)の構成音を三つ含んでいるのは、
「3度マイナーセブンス」と「7度マイナーセブンスフラットファイブ」のふたつ。

「Ⅲm7」は「Ⅰ△7」「Ⅴ7」どちらの代わりでも使えるということです。

というように、
「主要三和音の以外の4つのコードは、主要三和音の代わり」になります。

似た響きをしていても、実際に並べて鳴らしてみるとまったく違うコードです。
この響きを利用して、楽曲に雰囲気をつくっていくことができるというわけです。

代理コードの使い方

うさぼんぬ
うさぼんぬ
理屈はわかるがイメージができん・・・
オッケー!では実際に音で感じてみよう!

という訳で、こんなコード進行を用意しました。


 

これの進行に代理コードを当てはめてみるとこんな感じになります。

 

いかがでしょう?
一気に曲の雰囲気がドラマティックになりましたね。

これは一例ですが、こういう風にコードを置き換えることができます。

トニックの音を2拍ずつに分解する、というやり方もあります。
ただし、基本的にはメロディーありきなので、メロディーにあうコードを選ぶことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

あくまで一例ですが、楽曲のコード進行というのはこういう風に成り立っていることが伝わったら嬉しいです。

今回の説明で、ここまで説明してきた

  • ダイアトニック・コード
  • 主要三和音
  • 代理コード

が結びついてきた感じがしませんか?

実際にお気に入りの曲をこの考え方で見てみてください。
これまで紹介した考えがふんだんに取り入れられていると思います。

次回は、ダイアトニック・スケールの中でできるコードテクニックを紹介します。
紹介した内容がさらにおしゃれに・ドラマティックなるテクニックです。お楽しみに!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

LESSON|中野の鍵盤塾バンドでライブがしたい! セッションに参加したい! 好きな曲を楽しみながら演奏したい! もっとカッコよく自由にピアノ・...