大人のコード・スタディ

ゼロからはじめる「大人のコード・スタディ」 – #07 ダイアトニックコードを学ぼう

こんにちは。マエバ(@maebamusic)です。

前回のおさらい
  • スケールは半音と全音の音程を並べたもの
  • スケールの種類はたくさんある
  • まずは「メジャー・スケール」と「マイナー・スケール」だけ抑えよう
  • メジャー・スケールとマイナー・スケールをどの音から始めるかで調(キー)が決まる
  • メジャー・スケールとマイナー・スケールの構成音は同じ

という内容でした。

前回もお話ししたとおり、メロディは基本的にキーの中のスケールの音で作られています。

ということは、
そのキーの中でメロディとして使われている音は「ドレミファソラシドの7音」ということ(キーがCの場合)です。

つまり、メロディに合うコードは基本的に「ドレミファソラシドの7音」を使ってできているということになります。

ダイアトニック・コード

以前、メジャー・スケールは別名ダイアトニック・スケールと言われているとお伝えしました。
(日本名は全音階スケールと呼ばれていますが、文字通りに理解しようとするとややこしいので省略します)

コードを説明するために、今後は「メジャー・スケール=ダイアトニック・スケール」を書きます。

ダイアトニック・スケールを英語名で表記したものです。
このスケール内の音だけで三和音を作ってみましょう。

まず、「C・E・G」でCのメジャートライアドができます。
(オクターブが変わっても同じ音構成になります)

これを右に一音ずつずらしていきます。


「D・F・A」でDのマイナー・トライアド


「E・G・B」でEのマイナー・トライアド


「F・A・C」でFのメジャートライアド


「G・B・D」でGのメジャートライアド


「A・C・E」でAのマイナー・トライアド


「B・D・F」でBのディミニッシュ・トライアド

スケールにそって三和音をつくっていくと、7種類のトライアドができました!

このようにダイアトニック・スケール内で構成された7種類のコードのことを「ダイアトニック・コード」といいます。

ダイアトニック・コードのディグリーネーム

音程の回で「度数」のお話をしましたが、
ダイアトニック・コードも「度数」で考えることができます。

そして、この「度数」のことを今後はディグリー・ネームと書きます。

ディグリー・ネーム(=Degree Name)とは、度数を表すための表記のことです。度数=ディグリー、名前=ネームのことで「度数表記」と呼ばれます。

七つの音に対して、低いほうから高いほうに向かってディグリーで数えていくと、
先ほどの7つのコードは下記のようになります。

ダイアトニックコードのディグリーネーム
  • C(シー・メジャー) = Ⅰ△(1度メジャー)
  • Dm(ディー・マイナー) = Ⅱm(2度マイナー)
  • Em(イー・マイナー) = Ⅲm(3度マイナー)
  • F(エフ・メジャー) = Ⅳ△(4度メジャー)
  • G(ジー・メジャー) = Ⅴ△(5度メジャー)
  • Am(エー・マイナー) = Ⅵm(6度マイナー)
  • Bdim(ビー・ディミニッシュ) = Ⅶdim(7度ディミニッシュ)

※メジャーについては△を省略することが多いです。

今後、ダイアトニックコードを度数で考えるくせをつけると、
コード進行が理解しやすくなるので覚えておきましょう。

ダイアトニック内で作られている楽曲

名曲を例にお話しします。
THE BEATLESの名曲「Let it be」です。

下にメロディとコード譜を用意しました。


ご覧の通り、メロディもコードもすべてダイアトニック内で完結しています。

楽曲とは「キーの中で構成されるダイアトニック・スケール&コードでつくられている」ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

もちろんダイアトニック外のコード進行もたくさんありますが、
「全ての基本になるのはダイアトニック」と覚えておいてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まったくわからなかったコードもこうやって当てはめてみると、
「たったこれだけ?」と思いませんか?

世界中のあらゆる名曲にも必ずキーがあり、
基本的にダイアトニック・スケール&コードを元につくられています。

自分のお気にいりの曲もチェックしてみてはいかがでしょうか。

次回は、いよいよ4和音についてお話していきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

LESSON|中野の鍵盤塾バンドでライブがしたい! セッションに参加したい! 好きな曲を楽しみながら演奏したい! もっとカッコよく自由にピアノ・...