コード理論

【連載】コード習得のメソッド #01

こんにちは。マエバ(@maebamusic)です。

前回はコードを学ぶための前書きをお伝えしてきました。

前回のおさらい
  • 音楽は音と音が関係を持って成り立っている
  • 音を横に並べれば旋律(メロディ)、縦に重ねれば和音(ハーモニー)
  • コードとは3つ以上の音で構成されている和音
  • コード習得のコツは「響き」を感じること
  • コード習得には順番がある
うさぼんぬ
うさぼんぬ
言ってることはなんとなくわかるけど、まだコードがピンとこないな
そもそもコードってどんなものなのかを見ていこう!

コードはその記号ひとつで「三つ以上の鳴らすべき音」を示しています。

コードは音符のように固定の音を示すことはできないですが、
選択肢や可能性を多く含んだ、とても自由度の高い記号です。

コードはどんな記号なのかを知っていきましょう。

コードは大きく分けて3種類

コードは「重ねる音の数」で3種類に分類することができます。

1. 三和音(トライアド)

「重ねる音が三つ」で三和音(トライアド)と言います。
三和音には4種類あります。

メジャーは「明るい」響き、マイナーは「暗い」響きです。
特徴は「シンプルでわかりやすい響き」ですね。

2. 四和音(テトラッド)

「重ねる音が四つ」で四和音(テトラッド)と言います。
特徴は「少し大人びた雰囲気のある響き」です。

雰囲気がある響きになる理由があります。

四和音は、二種類の三和音を組み合わせて構成されています。
三和音では「明るい」か「暗い」かが明確でしたが、
四和音では「明るい+暗い」もしくは「暗い+明るい」などの組み合わせで雰囲気がある響きになっています。

下のコードを抑えてみて、響きを感じ見てください。

3. テンション・コード

四和音にさらに違う種類の音を重ねた時に「テンション・コード」と呼ばれるようになります。
つまり、5種類以上の音で構成されている和音ということになります。(五和音という言い方は基本的にしません)

テンションとは「緊張」という意味です。
「緊張」なので「落ち着かない、複雑な気持ちになる」響きだと思っておくといいと思います。

主にジャズやゴスペル、R&Bとよばれる音楽で使われています。
ちょっと複雑そうですが、最近ではPOPSやROCKにも頻繁に使われているので、四和音まで習得したらぜひ覚えていきたいところです。

コードの表記方法

では、それぞれの和音構成をどうやって表記しているのでしょうか。
下の図をご覧ください。

コードは「コードネーム」と呼ばれたりすることもありますが同じ意味と捉えてかまいません。

コードネームは基本的に図のような表記方法で書かれています。
例外はありますが、この表記が理解しておけば例外の理解もスムーズになります。

参考までにコード一覧が掲載されているサイトのリンクを貼っておきます。
https://www.ncnmusic.com/gakuten33.htm
種類が多くてびっくりすると思うので、まだ覚えようとしなくていいです。

表記が理解できれば、三和音・四和音・テンションなどのコードを自在に抑えることができるようになります。

三和音はコード理解の出発点

このように分類していくと、
コードの基本は「三和音」であることがわかります。

三和音はコードの基礎であり、
三和音を理解できれば四和音が理解できるようになっていきます。
四和音が使えるようになると、テンションも理解できるようになっていきます。

というわけで、ひとつずつステップを踏んでいきましょう。

次回は、三和音を理解するための第一歩「音名」について解説していきます。

 

不明点はLINE@でもお答えしているので、どしどし聞いてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

ピアノ・キーボードレッスンバンドでライブがしたい! セッションに参加したい! 好きな曲を楽しみながら演奏したい! もっとカッコよく自由にピアノ・...