未分類

キーボードのライブアレンジのつくり方

こんにちは。マエバ(@maebamusic)です。

レコーディングではたくさんの音色を重ねたものの、
いざライブでやろう!となった時に困るのが「ライブアレンジ」です。

キーボードってたくさんの音色を扱える分、
バンドメンバーから求められるものも多くなりました。
でも、レコーディングした音すべてを同時演奏することはほぼ不可能です。
だって、手は二本しかありません。。。

キーボードの当人からすると「好き勝手いいやがって・・・」と思うこともしばしば。笑

最近ではMTRやパソコンで同期させるというやり方もありますが、
手弾きにこだわる方に向けたライブアレンジのコツをご紹介します。

1、最重要の音のみを弾く

手は二本しかありません。
鳴らせる音色も使えるキーボードの台数で変わります。

まず、ライブ用のアレンジをつくること。
アレンジの中で最重要な音をチョイスすることです。

曲調にもよりますが、アレンジを損なわないものであること。
メロディーの合間を縫うオブリガードや、印象的なリフなど、口ずさめるフレーズを選ぶ場合もあれば、
パッドなど空間系で雰囲気の演出を大切にする場合もあります。

「何をお客さんに聞かせたいか」ですね。
時には自分が弾きたいものを我慢しなければならないときもあります。泣

2、ペダルを活用する

キーボードは2本の手で演奏するもの。
でも、2本の手では限界があります。
そんな時は足を使いましょう。ペダルやスイッチは演奏の補助となってくれます。

ダンパーペダル

音色を切り替える時に絶対必要なものはダンパーペダルです。
別名サスティンペダルとも言います。

音色を切り替えたい!でも、この手を離すと音が途切れてしまう・・・!

そんな時はダンパーペダルです。

  1. 音を弾いている状態でダンパーペダルを踏む
  2. 鍵盤から手を離す→音は鳴っているまま
  3. ボタンを押し、音色を切り替える

キーボードを弾くなら必ずといっていいほど手に入れたいテクニックです。

ボリュームペダル

演奏しながらボリューム操作を求められるケースがありますよね。

静かに場面が切り替わる時にパッドをフェードアウトさせたい、
静かな状態から徐々にフェードインさせたい、といった場合など。

手元のボリュームで操作することもありますが、片手で抑えられない場合も当然あります。
そういった時にボリュームペダルの出番です。
ダンパーペダルと同時に操作すれば、両手を空けることもできます。

フットスイッチ

シンセサイザーには内部の操作をワンタッチで切り替える機能が付いています。
その操作をフットスイッチにアサインして、踏むだけで操作ができたりします。

例)音色を切り替え、オルガンロータリーのON/OFF、など

3、レイヤー・スプリット機能を活用する

最近のシンセサイザーには本当に便利が機能が備わっています。

レイヤー機能

レイヤー機能とは音色を重ねる機能です。
例えば、ピアノとストリングス、ベルとパッド、など複数の音色を重ねて鳴らすことでリッチなサウンドにすることができます。

特にストリングスなどの持続音系とピアノやベルなどの減衰音系はとてもマッチします。

ストリングスもピアノも両方欲しい!と求められた時に、
レイヤーした音を演奏することでメンバーも納得してくれることはよくありました。

スプリット機能

スプリットとは分割や分裂といった意味があります。要は「分ける」ということです。
一つのキーボードで「左半分はピアノ、右半分はオルガン」という風に分ける機能があります。

スプリットのメリットはキーボード一台でアレンジを完結することができることです。
ただ、その分弾ける幅が狭まってしまうので、ピアノやオルガンのように鍵盤をフルで使う音色に対しては不利になります。

計画的に設定して演奏することがポイントですね。

まとめ

いかがでしょうか。

同期することでとても華やかなサウンドにはなりますが、同時にテンポに縛られてしまうというデメリットもでてきます。
キーボーディストが手弾きで対応できれば、テンポ・ルバートやコール・アンド・レスポンスにも対応できますね。

同期も手弾きもどちらもそれぞれの良さがあります。
どちらが良い悪いというものではなく、使い分けです。

ライブ活動のヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ピアノ・キーボードレッスンバンドでライブがしたい! セッションに参加したい! 好きな曲を楽しみながら演奏したい! もっとカッコよく自由にピアノ・...